口内炎の痛みをやわらげる方法6選

口内炎の痛みをやわらげる方法8選

口内炎は、できてしまうと口の中が痛くて、落ち着きませんよね。

病院へ行くほどでもないけれど、治るまでに痛みをやわらげる方法はないのでしょうか?

そこで今回は、口内炎の痛みをやわらげる方法6選をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

口内炎の痛みをやわらげる方法

口内炎にはちみつや塩を塗る

家にあるもので、簡単に口内炎の痛みを緩和できます。

具体的には、はちみつや塩を塗るだけで、痛みが緩和されますよ。

 

はちみつや塩には殺菌効果もあるため、口内炎の治りを早くしてくれる働きもありますし、薬ではありませんので身体に優しいです。

はちみつや塩を使った口内炎対策に関しては、下記の記事で詳しくご説明しています。

→口内炎に塩やはちみつは効果的なの?

 

市販薬を塗る

口内炎用の市販薬は、薬局などで簡単に手に入ります。

直接口内炎にダイレクトに塗るタイプ貼るタイプがあり、効果は早いですし、1回塗るだけで数時間は効果が続きますよ。

口内炎の痛み止め市販薬については、下記の記事で詳しくご説明しています。

→口内炎の痛み止め7選

 

刺激物は摂らない

口内炎ができている時に、わざわざ辛いものを食べる人はいませんよね。

辛いもの以外にも、熱いものや冷たいもの、炭酸飲料や塩分の多いものなど、刺激物はなるべく食べない方がよいでしょう。

Sponsored Link

 

口内炎にとって、刺激は痛みの原因になりますので、治るまでは食べたくても我慢してください。

また、食事の後は歯磨きをきちんとして、細菌を増やさないようにしましょう。

 

タバコを吸わない

口内炎の痛みには、タバコもよくありません

煙が口内炎を刺激し、痛みがひどくなることが多いですし、煙自体しみることがあるでしょう。

タバコを吸うことで口内炎の治りを遅くする傾向もありますので、口内炎の痛みが辛い人は、せめて口内炎が治る間だけでも禁煙をするとよいですね。

 

馬油を塗る

口内炎に馬油を塗ると、痛みが驚くほど引きます。

具体的には、口の中を清潔にした後、綿棒などに馬油を付け、口内炎に塗るだけでOKです。

消炎作用もあるため、痛みを抑えつつ、治りも早くしてくれますよ。

 

食事の前に、ぬるめの水で口の中を湿らせる

口内炎ができている時に、いきなり食べ物を口に入れると、口内炎が痛いですよね。

そこで、食事の前に少しの水を口に含み、口内炎を湿らせることで、食事の際の痛みを軽減することができます。

乾いた口内炎に食事の塩分が直接触れるとしみますが、その前に水を飲むことで、痛みを抑えることができるのです。

 

まとめ

口内炎の痛みは、できるだけ早くやわらげたいですよね。

今回、口内炎の痛みをやわらげる方法をご紹介しましたが、痛みが我慢できない場合や、数週間経っても口内炎が治らない場合は、病院を受診することが一番ですよ。

また、その他「口内炎」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますのでチェックしてみてくださいね。

→口内炎に関する様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ