口内炎の痛み止め7選

口内炎の痛み止め8選

口内炎は、しばらくすれば自然治癒することがほとんどですが、治るまでの期間は痛いですし、ストレスの元となりますよね。

そこで今回は、口内炎の痛み止め7選をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

口内炎の痛み止め

森下仁丹 メディケア デンタルクリーム

メディケア デンタルクリーム」は、軟膏タイプの口内炎の治療薬で、痛みに対してとても効果的です。

塗った直後から痛みをスーッと抑え、殺菌効果も優れていることから、口内炎を早く治す効果が得られます。

1日数回、清潔な手や綿棒で、患部に適量を塗って使います。

 

ブリストルマイヤーズ ケナログA口腔用軟膏

ケナログA口腔用軟膏」は、副腎資質ステロイドの作用により、口の中の炎症を抑える軟膏で、主成分はトリアムシノロンアセトニドです。

薬局で簡単に手に入りますし、無味無臭のため、抵抗なく塗ることができるでしょう。

 

私も使用したことがありますが、ザラザラした感触の軟膏なので、口内炎に塗りやすく、くっつきやすい感触でした。

痛みの原因となる炎症を抑え、1日数回塗ることで、痛みが和らぎます。

ステロイドが使われていますので、用法・用量は必ず守りましょう。

 

大正製薬 口内炎パッチ大正A

口内炎パッチ大正A」は、名前の通り、口内炎に直接貼って使う薬です。

虫さされによく使うパッチと同じように、口内炎に直接貼ることで、異物が当たって痛いということを防げますし、軟膏よりも口内炎にしっかりと貼れるので、効果も長続きします。

 

食事中も、痛みをそれほど気にせず、口に食べ物を入れることができるでしょう。

しかし、直接口の中にシールを貼るので、多少違和感を感じることがあるようなので、苦手な人もいるかもしれません。

 

第一三共ヘルスケア トラフル軟膏

トラフル軟膏」は、CMでも有名な口内炎によく効く軟膏です。

炎症を抑え、痛みを鎮める抗炎症成分が、口内炎の痛みに効果的です。

 

その他に、組織修復成分、殺菌成分を配合し、口内炎の治りを早めます。

Sponsored Link

パッケージに「患部にしっかり付着する」と書かれている通り、口内炎をしっかりと包み込むようにして付着するので、はがれにくく、効果も持続します。

1日2~4回、清潔な患部に適量を塗って使用します。

 

メディケア クールスロート

軟膏などの塗り薬は、口内炎の直接塗る必要がありますが、こちらの「クールスロート」はスプレータイプなので、手を汚さずに気軽にスプレーできます。

手の届きにくい口内炎にも、シュッと届きやすく、持ち運んで痛みが辛い時にすぐにスプレーできますよね。

ミントの清涼感もあり、とても便利な痛み止めです。

 

佐藤製薬 サトウ口内軟膏

サトウ口内軟膏」は、アズレンスルホン酸ナトリウムを配合し、優れた抗炎症作用を持つ軟膏です。

口内炎の痛みによく効き、回復を早める効果ももたらします。

水との接触により固まる働きをするので、口内炎にしっかりと付着し、患部の保護効果もあります。

 

第一三共ヘルスケア ロキソニン

今までは軟膏やスプレーなど、口内炎に直接付けるタイプの痛み止めをご紹介してきましたが、痛みがひどくて我慢できない場合、「ロキソニン」などの痛み止めを服用しても、痛みには効果的です。

 

しかし、ロキソニンはあくまでも痛み止めなので、口内炎そのものを治す効果はありません。

口内炎の痛み止めとして使用しても問題はありませんが、飲んだから治りが早くなるわけではありませんので、注意してくださいね。

 

薬を塗る時は、口の中を清潔にする

口内炎の痛み止め7選をご紹介しました。

もちろん薬の効果は大切ですが、口内炎の薬を使用する前は、口の中を清潔に保つことがとても大切です。

 

雑菌だらけの口の中では、せっかく薬を使っても、効果は半減してしまいますので。

薬を使う時は、できれば食後の、歯磨きをした後が理想的です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

口内炎が自然に治るまでには時間がかかりますので、薬を使って早く治すことを考えてもよいでしょう。

薬を使用する際は、必ず用法用量は守ってくださいね。

 

その他、口内炎の痛みをやわらげる方法は下記の参考にしてみてください。

→口内炎の痛みをやわらげる方法6選

また、その他「口内炎」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますのでチェックしてみてくださいね。

→口内炎に関する様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ