蜘蛛の捕まえ方8選

蜘蛛の捕まえ方8選

あなたは蜘蛛を見かけた時、どのように捕まえていますか?

今回は、いまいち捕まえる方法が分からないという方に向けて、蜘蛛の捕まえ方8選をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

蜘蛛の捕まえ方

掃除機で吸い取る

どのご家庭にでもある掃除機を使って、蜘蛛を吸い取り、捕まえる方法です。

とは言うものの、完全に吸いとるのではなく、掃除機の吸い取り口にくっつけて、ビニールで封鎖して捕まえます。

 

具体的にはまず、掃除機のホースの先のノズルを取り外し、筒だけでスタンバイします。

筒の先には、台所用の三角コーナーや排水口のネットを被せ、テープなどで固定します。

 

そして蜘蛛を吸い取り、ネットに蜘蛛がくっついているのを確認したら、スイッチを切らずに吸ったまま、ネットの上からビニール袋を被せます。

スイッチを切り、ネットを外して、ビニールの中に蜘蛛ごと入れてしまえば終了です。

これは、掃除機とネットさえあればいつでも使える、簡単な捕まえ方ですね。

 

虫取り網で捕まえる

夏場、100円ショップなどでも登場する虫取り網ですが、蜘蛛を捕まえるときにも利用できます。

具体的には、蜘蛛の上から静かに網を被せるだけです。

網がフタをした状態になり、蜘蛛の足も網にひっかかるため、逃げにくく、網のまま外に出すことができますよ。

 

DVDケースを使う

平らな壁や床で蜘蛛を発見した場合、市販の録画用DVDが10枚以上入っているような、深さのあるケースを利用して捕まえる方法もあります。

具体的には、まずはケースをそっと蜘蛛に近づけて、蜘蛛に完全に被せます。

 

ケース内の蜘蛛が落ち着いてから、ケースと壁や床の間にゆっくり紙を差し込みます。

紙でフタをした状態のまま、外まで持って行き、逃します。

 

ちなみに紙は、厚手で大きめの新聞広告が、一番使いやすいですよ。

逆に、紙が薄くて小さめだとずれやすく、私が試した時には、蜘蛛が隙間から逃げてしまいました・・・。

 

ほうきやモップの棒先を利用する

蜘蛛が巣を張ってる場合、巣と蜘蛛、どちらにも対処したいですよね。

そこで、まずはほうきやモップの棒の先に、使わなくなったタオルや布をぐるぐるに巻きつけて、ボール状にしてしっかり固定します。

 

蜘蛛を殺したい場合は、先端のタオルに殺虫剤をたっぷり染み込ませます。

生きたまま捕まえたい場合は、そのまま壁に張り付いている蜘蛛の下に差し出し、下から押します。

Sponsored Link

 

蜘蛛が壁からタオルに移るので、その瞬間に先端をくるくる回します。

蜘蛛の巣がある場合は、蜘蛛と一緒に蜘蛛の巣も巻き取ります。

 

ぐるぐる回していくうちに、蜘蛛が自分で出した糸に絡まり、身動きが取れなくなるという捕まえ方です。

最後に先端のタオル部分をビニール袋などに入れ、蜘蛛を捕まえます。

 

粘着性の捕獲シートを設置する

いつも同じ場所で蜘蛛を見かけるのに、なかなか捕まえられない場合、その場所に粘着シートを置いておくと、簡単に捕まえられますよ。

蜘蛛用でなくても、ゴキブリホイホイや、ネズミ捕りの小さめのシートを隙間に設置すると、知らない間に捕まえることができて、便利ですよ。

 

お風呂用洗剤を使う

蜘蛛は、お風呂用の洗剤でも捕まえることができます。

具体的には、スプレー式の洗剤を、蜘蛛から少し遠ざけて噴射します。

蜘蛛は、洗剤がかかると少し弱りますので、動きが鈍くなった時を狙えば、捕まえられますよ。

 

殺虫剤を使う

蜘蛛が苦手で、姿を見るのも辛いという場合には、殺虫剤を使ってしまいましょう。

私がいつも使用しているのは、アース製薬より販売されている「クモの巣消滅ジェット」です。

クモの巣消滅ジェットは即効性がありますので、直接噴射すれば、蜘蛛はすぐに動かなくなりますよ。

 

牛乳パックを利用して捕まえる

牛乳パックはご家庭にあることが多いと思いますが、これも蜘蛛を捕まえるときに活躍してくれます。

具体的には、蜘蛛を発見したら、牛乳パックの上の部分を切り落とした箱の口を近づけ、蜘蛛を牛乳パックの中に落とします。

 

牛乳パックの内側はツルツルしていて、底まで落ちた蜘蛛が頑張っても、滑って這い上がれない仕組みになっています。

パック内に落としてしまえば、あとは近くにある紙などでフタをしてしまえば、そのまま外に持って行けますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

蜘蛛は基本的には害のない大人しい虫なので、殺虫剤を使わないで捕まえてあげてほしいものです。

 

蜘蛛を見かけたら、なるべく殺さず、優しく捕まえることを心がけて、外の世界に逃がしてあげてくださいね。

また、蜘蛛を発生させないための対策に関しては、下記を参考にしてみてください。

→蜘蛛の対策8選

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ