目やにが大量に出て止まらない原因2つと対処法5選

目やにが大量に出て止まらない原因2つと対処法5選

朝起きた時、「大量の目やに」で目が開かないといった経験はありませんか?

目やにが出るのは当たり前のことですが、それが大量となるとビックリしますよね。

そこで今回は、目やにが大量に出て止まらない原因2つと対処法5選について、ご紹介していきます。

Sponsored Link

 

目やにが大量に出て止まらない原因

コンタクトレンズ

コンタクトレンズをしていると、目やにが大量に出ることがあります。

目は通常、ホコリなどのゴミが入ってくると、それを異物と判断し、目を守るために「目やに」として体外に出しています。

 

しかしコンタクトレンズをしていると、目に入ったゴミなどをうまく出すことができず、目の中に溜めてしまうため、ふとした時に、大量となって目やにが出てきたりするのです。

 

結膜炎

白目とまぶたの裏側を覆っている結膜が、赤く充血して炎症を起こすと結膜炎になり、目やにが大量に出ます。

ちなみに、結膜炎にはいくつか種類があるので、次で紹介していきます。

 

細菌性結膜炎

細菌性結膜炎になると、黄緑色で粘性の目やにが出ます。

この原因菌は、黄色ブドウ球菌やインフルエンザ菌といった、私たちの身の回りに存在する菌で、疲れていたり、抵抗力が弱っている人が感染しやすいです。

 

ウイルス性結膜炎

ウイルス性結膜炎になると、白くてネバネバしたような目やにがでます。

これは、アデノウイルスやエンテロウイルスといったウイルスが原因で、感染している人が使ったタオルに、間接的に触れても感染してしまうほど、非常に感染力が強いので注意が必要です。

 

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎になると、水っぽくてサラサラした目やにがでます。

原因となるアレルギー物質は実に様々で、身近なものだと、花粉やホコリなどがありますね。

 

毎年、必ず花粉症になるという人は、結膜炎になりやすいので気をつけてましょう。

花粉症に関しては、下記に情報をまとめています。

→花粉症の情報・症状・対策・薬に関するまとめ記事一覧

Sponsored Link

 

目やにが大量に出て止まらない場合の対処法

湿らせて拭く

大量の目やにが乾いて、まつげや皮膚にこびりついている時に、ゴシゴシ無理やりこすると、まぶたや目を傷つけてしまいます。

そこで、目やにを取るのが大変な場合は、湿らせたガーゼを目に当て、目やにを柔らかくしてから拭くと、目を傷つけずに、綺麗に取れますよ。

 

コンタクトを正しく使う

コンタクトを長時間着けっぱなしにしたり、洗浄せずに使うなどの誤った使い方をすると、目やにが出るだけでなく、目の組織を傷つけてしまうこともあります。

そのため、コンタクトを使用する時は、常に清潔な状態を保ち、長時間の使用を控えるなど、正しく使うことが大事です。

 

また目やにが大量に出る時は、眼鏡をするなどしてコンタクトの使用を控え、目を休ますことで目やにを改善することができますよ。

 

目薬を使う

細菌が原因で大量の目やにが出ている場合は、市販されている抗菌目薬を使うことで、改善することができます。

市販されている目薬は、目を潤すヒアルロン酸が入っているものや、1本ずつ使いきりになっているものなど色々なものがありますので、自分にあったものを試してみてくださいね。

 

清潔にする

目やにの原因となる細菌やウイルスは、身近なものを清潔に保つことで、防ぐことができます。

外出した時は、目やにの原因となるような、たくさんの細菌がついている可能性があるため、帰宅した時は必ず手を洗うなどして、清潔にするようにしましょう。

 

また、感染力が強いウイルスによって目やにが出ている場合は、使ったタオルなどを介しても感染する恐れがあるため、使った後はすぐに洗濯をし清潔にすることで、目やにの原因ととなるウイルスを防ぐことができます。

そして洗濯する時には、塩素系の洗剤を使って消毒すると効果がありますよ。

 

病院に行く

目が充血して目やにが大量に出る場合、結膜炎になっている可能性が高いです。

結膜炎は、悪化すると視力低下を招く恐れがあるため、症状に気づいたら早めに眼科を受診しましょう。

 

まとめ

以上今回は、目やにが大量に出て止まらない原因2つと対処法5選について、ご紹介しました。

体の中でも、特に目は大事なので、目やにが大量に出て目がかすんだり、視力が落ちた場合は不安になりますよね。

目の調子がいつもと違うと感じた場合は、病気の可能性もあるので、ほったらかしにせず早めに病院に行くようにしましょう。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ