耳がかゆい原因8つ

耳がかゆい原因8つ

耳の中がかゆいと、どうしても耳かきや綿棒で乱暴にかいてしまったりしませんか?

そして、耳がかゆいと集中力も続かず、気持ち悪いですよね。

そこで今回は、耳がかゆい原因8つについてご説明していきます。

Sponsored Link

 

耳がかゆい原因

耳を掃除しすぎている

耳がかゆかったり、異物感があると、どうしても耳かきをしたくなりますよね。

お風呂の後の綿棒での耳かきが、日課の人もいるでしょう。

私も耳かきが好きでよく行っていますが、実は耳掃除のしすぎが、耳がかゆい原因となってしまいます。

 

耳かきをすることで、耳に刺激が与えられますので、強すぎたり長くやりすぎたりすると、かゆみの原因となるんですね。

耳掃除は、適度に優しくするようにしましょうね。

 

皮膚炎になっている

アトピー性皮膚炎などのアレルギーのある人は、耳の中でも症状が出ることはあります。

耳の中も同じ皮膚なので、アレルギーが原因でかゆみが出ることはあります。

特に元々アトピー性皮膚炎の人が、乾燥がきっかけで、耳の中までかゆくなることは多いと言われています。

 

イヤホンのサイズが合っていない

イヤホンや耳栓など、毎日耳の中に何かを入れている人は、それが原因でかゆみを引き起こしている場合もあります。

特に多いのがイヤホンで、自分の耳の穴の大きさに合わないものを使い続けると、かゆくなったり、ひどいと痛くなってしまいます。

イヤホンや耳栓は、自分の耳の穴のサイズに合うものを探すことが大切です。

 

風邪をひいた

風邪をひくとよく耳がかゆくなる人、いませんか?

私もそうだったのですが、風邪をひいた時、なんとなく耳の中がかゆくなり、頻繁に耳かきをしていた記憶があります。

 

それは、耳の奥と鼻の奥、喉の奥は繋がっていて、どこがで炎症が起きると、耳にもかゆみを感じることが原因なのです。

風邪が原因の耳のかゆみは、耳かきでは解決しません。

むしろ耳かきのしすぎで悪化することが多いので、風邪をひいたときの耳かきは控えましょうね。

 

耳の病気

外耳道に湿疹ができたり、炎症を起こしている場合はかゆみを感じることが多いです。

外耳炎などで耳の中のかゆみがひどい場合、耳鼻科へ行き、ステロイド剤などを処方してもらうことで症状は改善します。

Sponsored Link

外耳炎に関しては、下記の記事で詳しくご説明しています。

→外耳炎で痛みがある場合の対処法6選

 

花粉症

花粉症により、鼻や目の症状はよく聞きますが、耳がかゆくなることもあります。

鼻と喉と耳の奥は繋がっていますので、そのいずれかの症状がひどい場合ももちろん、耳の中の皮膚も、花粉症の炎症によりかゆくなる場合もあります。

花粉症に関しては、下記に本サイトすべての記事をまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→花粉症の情報・症状・対策・薬に関するまとめ記事一覧

 

カビ

耳がかゆい原因として、カビもあげられます。

「耳にカビがはえるなんて?!」と言う人もいるかもしれませんが「外耳道真菌症」という名前もついていて、外耳にカビがはえることで、しつこいかゆみを感じることは多くあるようです。

 

特に耳は湿気がこもりやすく、イヤホンをよくする人などは、さらに湿気がたまりやすくなります。

耳の中は自分では覗くことができませんので、しつこいかゆみが気になる人は、耳鼻科を受診しましょうね。

 

ストレス

ストレスが蓄積されて、蕁麻疹が出たり、身体がかゆくなったりする症状はよくあります。

耳も同じで、ストレスによる自律神経の乱れから、かゆみが表れることがあります。

 

この場合、耳かきをすることは、かゆみを鎮める対処法にはなりませんし、度が過ぎると耳に傷をつけてしまう恐れもあります。

なので、むやみに耳かきをがりがり行うことはやめてくださいね。

 

まとめ

耳がかゆい原因には、外的要因からストレスなどの内面からくるものまで、様々あることが分かりました。

耳の中は自分では見えませんので、「耳がかゆい=耳かきでかく」となりがちですが、逆効果のことがほとんとです。

なので、耳のかゆみが続いたり、我慢できないほどになってしまったら、なるべく早めに耳鼻科を受診しましょうね。

 

また、多くの人が気にしている「デリケートゾーンのかゆみ」に関しては、下記の記事で詳しくご説明しています。

→デリケートゾーンのかゆみに効く薬ランキング

そして、その他かゆみの様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→かゆみの様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ