耳垢が乾燥する原因と対処法4選

耳垢が乾燥する原因と対処法4選

耳掃除をする時、耳垢がパリパリに乾燥して硬く感じることってありませんか?

乾燥し過ぎて硬くなり、痛いこともありますよね。

そこで今回は、耳垢が乾燥する原因と対処法4選をご紹介しています。

Sponsored Link

 

耳垢の種類

耳垢は、乾性耳垢湿性耳垢に分けられます。

日本人の多くは乾性耳垢である人が多く、逆に欧米などでは湿性耳垢の人が多いと言われています。

耳垢が湿っていることで、臭いが気になったり耳掃除がしにくかったりと、悩みを抱える人も多いですが、逆に耳垢が乾燥していることで出てくる悩みもあります。

 

ちなみに、耳垢が湿っていたり、耳垢が臭い原因や対処法は、下記の記事で詳しくご説明しています。

→耳垢が湿っている原因と対処法3選

→耳垢が臭い原因と対処法4選

 

耳垢が乾燥する原因

遺伝

先ほどお話しした通り、耳垢は湿っている人と乾燥している人の2種類に分かれます。

白人に耳垢が湿っている人が多いように、日本人には耳垢が乾燥している人が多く、約8割の人の耳垢は乾燥しています。

 

韓国人に至っては、9割以上の人の耳垢は乾燥していると言われています。

なので遺伝による耳垢が乾燥する人、そうでない人の違いは大きいようです。

 

汗腺の働き

耳の中にはアポクリン腺という汗腺があり、アポクリン腺の活動により、耳の中を湿らせます。

アポクリン腺から出る汗が多い人は耳垢も湿る傾向にあり、そうでない人は耳垢が乾燥します

汗の量は人によって異なりますので、その違いから、耳垢が乾燥している人、湿っている人の差が生まれます。

 

年齢

子育ての経験のある人はご存知かと思いますが、赤ちゃんの耳垢ってネバネバしていますよね。

汗腺の働きも、体質にもよりますが年齢によって変化します。

 

汗腺が耳の中で活発に動くと、耳垢が湿ってネバネバすることが多いですが、その汗腺は働き盛りの30~50代前後に動きが鈍くなり、逆に高齢になると活発になると言われています。

そのため、高齢になるにつれ、耳垢がネバネバしてくるということもあるようです。

 

部屋の湿度

耳垢の乾燥は、部屋の湿度にも影響します。

Sponsored Link

お風呂上がりに耳掃除をすると、綿棒に湿った耳垢が付くことが多いですよね。

同じように、冬の乾燥した空気では、元々と乾いている耳垢の人でも、乾燥によりさらに耳垢がカサカサになることが多いです。

 

このように、耳垢の乾燥する原因には、体質から部屋の環境まで、様々なものが影響しています。

 

耳垢が乾燥する場合の対処法

耳掃除は耳鼻科で

耳垢が乾燥してカピカピな状態の場合、自分で耳掃除をすることは、皮膚を傷つける原因となり、そこから外耳炎などの炎症の危険も多くあります。

耳掃除自体、頻繁にすることはおすすめできませんが、どうしても耳の中が気になり、掃除したい場合は、耳鼻科で掃除してもらうことができます。

耳鼻科での耳掃除に関しては、下記の記事で詳しくご説明しています。

→耳垢は耳鼻科で掃除してもらえるの?

 

耳掃除は綿棒に油をつけて

耳鼻科に行く時間がなく、どうしても自分で耳掃除をしたい場合は、綿棒の先にオリーブオイルや馬油などをつけ、軽く耳の中を掃除してください。

乾燥した耳垢に、乾燥した綿棒を当てていては、何の効果もありませんので・・・。

 

耳掃除はお風呂上がりに

少しでも耳垢が湿った状態で掃除できるよう、耳掃除はお風呂上がりにしてください。

その際に綿棒で奥の方まで掃除しようとすると、耳垢を奥に詰め込んでしまうことになりますので、耳掃除はなるべく入り口周辺に留め、奥の方まで綿棒を入れないようにしてくださいね。

 

耳かきは使わない

乾燥した耳垢は、とても硬くはがれにくい状態になっていますので、耳かきでゴリゴリ擦ってしまうと、皮膚を傷つけてしまいます。

耳かきの方がかゆみが取れやすく、気持ちいいと感じる人が多いようですが、気持ちいいからと言って何度もゴリゴリしてしまっては危険です。

 

なので力加減には十分気をつけ、なるべく耳かきは使わない方がよいでしょう。

私も耳かきの力加減を間違えて、何度も耳鼻科のお世話になったことがあります・・・。

 

まとめ

耳が乾燥する原因と、対処法をご紹介してきました。

耳垢が乾燥していると、異物感も感じやすくなりますし、かゆくもなりやすいです。

 

耳鼻科で耳掃除が理想的ですが、自分で行う場合は、力加減に気をつけて、なるべくお風呂上がりなど、耳垢が湿った状態で行うようにしてくださいね。

また、その他「耳垢」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますのでチェックしてみてくださいね。

→耳垢に関する様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ