耳たぶが乾燥してカサカサする原因4つと対処法3選

耳たぶが乾燥してカサカサする原因4つと対処法3選

耳は直接目で見ることができないので、なかなか変化に気づきにくい場所です。

だからこそ、耳たぶが乾燥してカサカサしていると、かなり気になりますよね・・・。

そこで今回は、耳たぶが乾燥してカサカサする原因4つと対処法3選について解説していきます。

Sponsored Link

 

耳たぶが乾燥してカサカサする原因

耳介湿疹(じかいしっしん)

耳たぶなどが乾燥してカサカサになり、湿疹ができてかゆくなることがありますが、この症状のことを「耳介湿疹(じかいしっしん)」と言います。

耳介湿疹は、

  • 化粧品や化学物質などによるかぶれ
  • ハウスダストや紫外線などのアレルギー
  • アトピー

などが原因となります。

 

特にアトピー体質の乳幼児などに多く、かゆいのでかきすぎてしまうことで、出血したり傷ができてしまうことがあります。

また、その傷が細菌感染してしまうと、悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

 

外耳道湿疹(がいじどうしっしん)

「外耳道湿疹(がいじどうしっしん)」は、耳の入り口から2cmほどの部分である「外耳道」に湿疹ができ、乾燥してカサカサになってしまいます。

外耳道というのは刺激に弱くとてもデリケートなので、耳掃除の時などにひっかいてしまったりすることで傷ができ、そこが炎症を起こすことで湿疹ができ、乾燥してカサカサになり、かゆくなってしまいます。

外耳道湿疹は耳介湿疹を併発したり、移行することもあるため、耳たぶも乾燥してカサカサすることがあります。

 

アクセサリーによる金属アレルギー

耳たぶが乾燥してカサカサする原因のひとつに、ピアスやイヤリングなどのアクセサリーをつけている場合、「金属アレルギー」の可能性があります。

金属のアクセサリーは、身につけていると、汗や体液などによって微量ながら溶けてしまうことがあります。

 

それが肌に触れることによりアレルギーを発症し、乾燥してカサカサしたり、かゆくなったり、かぶれや炎症を起こしたりすることがありますが、それが金属アレルギーの症状です。

今まで金属アレルギーではなかった人も、免疫力が低下している時や、アクセサリーが肌に合わなかった時などに発症してしまうことがあります。

Sponsored Link

 

シャンプーやコンディショナーの影響

シャンプーやコンディショナーなどの成分が肌に合わなかったり、洗い残しがあったりすることによって、耳たぶが乾燥してカサカサすることもあります。

普段は問題がないのにもかかわらず、体調が悪い時などに、いつものシャンプーやコンディショナーが合わなくなることもあるのです。

 

耳たぶが乾燥してカサカサした時の対処法

耳を清潔に保つ

耳は構造が複雑なため、汚れがつきやすかったり、シャンプーなどの洗い残しが少なくないなど、不潔になりがちです。

そして汚れや洗い残しが付着したまま放置されてしまうと、耳たぶが乾燥してカサカサする原因となってしまいます。

なので耳は常に清潔に保ち、汚れやシャンプー・コンディショナーなどが残らないよう、しっかり洗い流すようにしましょう。

 

保湿する

耳たぶが乾燥してカサカサする場合は、しっかり保湿することも大切です。

耳たぶは皮膚が薄くとてもデリケートなため、乾燥しやすい場所です。

 

なので、保湿にはなるべく肌に負担がかからない、化粧水ワセリンなどを使用するのがおすすめです。

お風呂上がりなどは特に乾燥しやすいので、しっかり保湿しておくようにしましょう。

 

病院を受診

耳たぶが乾燥してカサカサしてしまい我慢できなかったり、ついついかいてしまいジュクジュクしてきたり、炎症を起こし化膿してしまったという場合は、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

強いかゆみや炎症などがある場合、アレルギーや湿疹が原因であることも考えられます。

なのでできるだけ早く病院を受診し、検査・治療を受けるようにしましょう。

 

まとめ

意外にもよく目につく耳たぶですが、乾燥してカサカサするのはとても気になるものです。

耳の皮というのは薄くデリケートなので、トラブルを起こすことも少なくありません。

なので気になったら、早めに対処するようにしましょう。

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ