水虫の市販薬おすすめ6選

水虫の市販薬おすすめ6選

水虫になると、足の皮がむけたり、かゆみに苦しんだりと、よいことはありません。

病院に行く時間もない人は、「どうにかして市販薬で治せないものか」、考えますよね。

そこで今回は、水虫の市販薬おすすめ6選を、ご紹介していきます。

Sponsored Link

 

水虫のおすすめ市販薬

ピロエース(第一三共ヘルスケア)

「水虫の薬と言えば、ピロエース」と言われるほど、有名な水虫の市販薬です。

有名なだけでなく、効果も認められており、水虫の原因菌である白癬菌の殺菌に優れた「ラノコナゾール」を配合しています。

水虫のタイプ別に合わせて選べる液状、軟膏、クリーム、スプレーの4タイプあることも魅力的ですね。

 

エクシブ(ロート製薬)

エクシブ」も知名度の高い、水虫の市販薬です。

「テルビナフィン塩酸塩」が水虫菌の細胞膜の合成をブロックし、殺菌効果を発揮し、かゆみ止め成分「ジフェンヒドラミン」「リドカイン」によって、しつこいかゆみを抑えます。

 

角質層の奥まで浸透し、皮膚の奥の水虫菌も逃さず殺菌します。

こちらも液状、軟膏、クリーム、スプレーの4タイプあり、水虫の市販薬としては大変おすすめです。

 

ダマリン(大正製薬)

商品名と力強いパッケージが印象的な「ダマリン」は、テルビナフィン塩酸塩」「イソプロピルメチルフェノール」配合で、優れた殺菌能力を持ち、患部を清潔に保つ働きをします。

消炎成分である「グリチルレチン」が、皮膚の炎症も防ぎ、かゆみや痛みを効果的に抑えます。

こちらも4タイプありますので、症状に合わせて選ぶことが可能です。

 

ブテナロック(久光製薬)

ブテナロック」は、「ブテナフィン塩酸塩」により水虫菌の増殖を防ぎ、かゆみ止め成分を4成分配合した、かゆい水虫に効く市販薬で、テレビCMでも有名ですよね。

液状、クリームタイプに加え、スプレータイプにはさらに、エアータイプと、パウダータイプ、霧タイプがあります。

Sponsored Link

手を汚さずに患部に塗りたい人には、スプレーがタイプ別に3種類もあるのでオススメですよ。

 

ラミシール(ノバルティス)

ラミシール」は、「水虫を脱ぐ力」という説明が加えられているほど、水虫によく効く市販薬です。

「テルビナフィン塩酸塩」で水虫菌を殺菌し、「グリチルレチン酸」で炎症を抑えます。

液状、クリーム、スプレーの3タイプから選べます。

 

ラマストン(佐藤製薬)

ラマストン」は、殺菌作用の強い「ブテナフィン塩酸塩」配合で、水虫菌を死滅させます。

そして「リドカイン」がすばやくかゆみを抑え、炎症を抑える働きのある「dl-カンフル」により、心地よい清涼感を与えます。

 

水虫のかゆみに強く効き、我慢できないかゆみに苦しんでいる人におすすめの市販薬です。

液体タイプ、クリームタイプに加え、水虫薬では珍しいゲルタイプががあります。

 

迷ったら、クリームタイプが万能!

水虫効く市販薬のおすすめを6つご紹介しましたが、液状、クリームなど、タイプが分かれていますので、一体どのタイプを選べばよいか、分からないこともあるでしょう。

  • ジュクジュクしている水虫には:クリームタイプ・軟膏タイプ
  • カサカサした水虫や、水泡でつぶれていない水虫には:液状タイプ・クリームタイプ

こちらがよく効きますよ。

 

また、「ゲルタイプ」は塗ってすぐ乾くので、すぐに靴下を履きたい時におすすめです。

患部に触れたくない場合は「スプレータイプ」を選ぶとよいでしょう。

迷った場合は、どんな水虫にも効果的なクリームタイプを選んでおくと失敗はないでしょう。

 

まとめ

水虫に苦しんでいる人も多いように、水虫の市販薬も様々な種類が出ています。

主成分や効能はあまり変わらないことが多いのですが、水虫の症状によって、薬のタイプを使い分けることもできます。

上手に市販薬を使って、水虫を撃退しましょうね。

 

またよく言われる、「 水虫にオロナインは効くのか?」ということについては、下記の記事も参考にしてみてください。

→水虫にオロナインは効くの?使い方と注意点

そして、その他「水虫」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→水虫に関する様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ