ムカデの毒性3成分

ムカデの毒性3成分

ムカデには毒があることを、知っている人は多いですよね。

ただ、どんな毒性があるのか、詳しく知っている人は少ないです。

そこで今回は、ムカデの毒性について詳しく解説していきます。

Sponsored Link

 

ムカデの毒性は強烈

足が何本も生えていて、ガサガサと動くムカデですが、私は個人的に見た目がとても苦手なので、できれば今後、一生遭遇したくない生き物です(笑)

そして、そのグロテスクな見た目に負けないほど、ムカデは強烈な毒性を持っています。

ムカデに噛まれたら、激しい痛みや腫れなどの症状が表れますので、多くの人が病院へ行くことになります。

 

ムカデの毒の成分

ムカデの毒性は、蜂とよく似ていて、噛まれた後は強い痛みを伴うことがほとんどです。

ムカデが持つ毒性は、大きく3つありますので、次で細かくご説明しますね。

 

セロトニン

セロトニンとは、「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」と並んで、体内で重要な役割を果たしている三代神経伝達物質の1つです。

一般的には「幸せホルモン」とも呼ばれ、よいイメージを持つ人も多いでしょう。

 

しかし、セロトニンは多ければよいという問題ではありません。

神経に作用する成分で、神経を過敏にさせ、ヒスタミンの刺激を何倍にも増大させる働きをします。

 

ヒスタミン

ヒスタミンとは、生体に広く分布するアミンの一種です。

アレルギーの原因物質で、花粉症の人はよく耳にしているかもしれません。

外傷や毒素などで活性化され、かゆみ、浮腫、痛みなどの症状を起こす原因となり、ムカデの毒の本体と言えます。

 

酵素

たんぱく質で構成された酵素である、ヒアルロニターゼ、たんぱく質分解酵素、サッカラーゼ酵素群は、細胞を破壊して、毒の浸透を助ける働きをします。

酵素により壊された細胞の中に、ヒスタミンが入り込むことで、激痛などの症状が出る仕組みになっています。

 

3つの毒性が合わさり、危険な毒に

ムカデに噛まれた時、痛みの元のヒスタミンが、セロトニンにより増幅されます。

Sponsored Link

セロトニンにより痛みが増幅したヒスタミンが、細胞に入り込むのを手助けするのが酵素、という訳です。

「セロトニン」「ヒスタミン」「酵素」、主にこの3つの毒性が協力し合い、ムカデの強い毒を作り出していることになります。

 

ムカデの毒は、熱に弱い

ムカデの毒の主成分はたんぱく質で、ヒスタミンも熱に弱いです。

ムカデに噛まれた場合、傷口は皮膚面につくことから、42度以上のお湯をシャワーで流し続けると、毒の浸透を防ぐことができます。

 

できるだけ熱いお湯の方が効果的ですが、火傷には気をつけてくださいね。

※ちなみに、熱湯でのムカデの駆除方法については、下記の記事で詳しくご説明しています。

→ムカデに熱湯は効くの?について解説

 

ムカデは「噛む」ことで、毒を浸透させやすくする

「ムカデに刺された!」とよく言いますが、実際は鋭い歯で、皮膚を噛んでいます。

鋭い歯で皮膚に噛みつき、傷つけてから毒を注入してくるので、その分毒素が浸透しやすく、すぐに腫れなどの症状が出てくるのです。

想像するだけでも痛くなってきますよね・・・。

 

アナフィラキシーショックに注意!

アナフィラキシーショックとは、

  • 全身性のじんましん
  • 血圧低下
  • 呼吸困難
  • 意識障害

などが表れる症状を言い、最悪の場合は死に至ることもある、とても恐ろしい症状です。

ムカデに噛まれてから、30分以内に上記のような症状が表れた場合、アナフィラキシーショックの可能性が高いので、直ちに病院へ行くようにしてください。

 

まとめ

ムカデの毒性について詳しく説明してみましたが、いかがでしたでしょうか?

万が一ムカデに噛まれてしまった場合でも、今回の記事を参考に、しっかり対処してみてください。。

できればムカデには、一生遭遇したくありませんが・・・。

 

また、気になるムカデの天敵については、下記の記事で詳しくご説明しています。

→ムカデの天敵7種について解説!

そして、その他ムカデの様々な情報や対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→ムカデの様々な情報や対処法まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ