ムカデに刺された場合の対処法5選

ムカデに刺された場合の対処法5選

ムカデに刺されてしまった時、対処法が分からないと、パニックになってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、ムカデに刺された場合の対処法5選について解説していきます。

Sponsored Link

 

ムカデに刺された場合の対処法

刺された箇所から毒素をなるべく早く出す

ムカデに刺された場合はまず、刺された箇所から毒素をなるべく早く出すことが大切です。

しかし、素人が手でつまみ出そうとしても、なかなかうまくいかず、逆に症状を悪化させてしまうこともあります。

 

そこで、アウトドア好きな方なら持っている人も多いですが、「ポイズンリムーバー」という、毒素や毒針を吸い出す機器があります。

このポイズンリムーバーはかなり簡単に毒素を出すことができますので、ひとつ持っていると安心ですよ。

 

口で毒を吸い出さない

また、毒素を出す時に注意していただきたいのは、口で毒を吸い出さないことです。

口で吸うということは、口の中に毒素が入ってしまうことになります。

何かで、口で毒を吸い出している光景を見たことがあるかもしれませんし、焦って「早く毒を出さなくては!」という気持ちが強くなるのも分かりますが、それは絶対にやめましょう。

 

口にムカデの毒が入ってしまうと

  • 吐き気
  • 悪寒

などの症状が表れることもありますので。

関連記事:ムカデの毒性3成分

 

お湯で洗い流す

刺された箇所から毒素を出すことができたら、刺された場所を洗い流しましょう。

ムカデは、熱に非常に弱い生き物です。

 

そしてムカデの毒も熱に弱いので、洗い流す時は水ではなくお湯を使いましょう。

具体的には、42度~45度くらいの少し熱めのお湯を、シャワーなどで刺された箇所にかけ続けてください。

 

ただし子供の場合は、45度ですと熱すぎる場合がありますので、そこは注意してください。

そしてできれば30分以上、お湯で患部を流し続けてください。

関連記事:ムカデに熱湯は効くの?について解説

 

絶対は冷やさない

そしてここで注意していただいたことは、患部は絶対に冷やさないことです。

「虫刺されには患部を冷やすことがよい」という情報は多いですが、ムカデに刺された場合、冷やしてしまうと、逆に毒が体に回ってしまい、痛みがひどくなってしまいます。

最悪の場合、痙攣が起きたり、痛みが我慢できないほどにまでなってしまいますので、ムカデに刺された箇所は、絶対に冷やさないようにしてくださいね。

Sponsored Link

 

外出先などでお湯がない場合は、温めたタオルをあてる

外出先でムカデに刺され、近くに温水が出るシャワーがないなどの場合は、コンビニなどで濡らしたタオルをレンジで温めてもらい、患部にあてるのも効果的です。

ムカデに刺された場合、病院へ向かいながらでもできる応急処置でもあります。

 

タンニンを含むお茶で患部を洗う

また番茶などの、タンニンを多く含むお茶でムカデに刺された箇所を洗うと、ムカデの毒が中和されて効果的だと言われています。

昔の人は、ムカデに刺されると、お茶で洗い流すことが一般的だったのです。

番茶以外に、緑茶ウーロン茶にもタンニンが含まれているので効果的ですよ。

 

虫刺され薬を塗る

ムカデに刺された場合、毒素をある程度出した後、応急処置で市販の虫刺され薬を塗ることも、対処法としては正しいです。

ステロイド剤の入った「ベトネベートN軟膏」「フルコートf 軟膏 」などが効果的です。

 

また、ムヒなども、多少の症状緩和にはなるようですので、応急処置として塗ることは間違いではありません。

関連記事:虫刺されが増える原因3つと対処法5選

 

皮膚科または内科へ行く

そしてムカデに刺されたら、皮膚科か内科へ行くことが最善策です。

ムカデに刺された場合は、すぐ病院で看てもらうようにしましょう。

 

また刺されて症状が軽いと思ったとしても、ムカデの毒素は強いです。

なので数日様子を見て、少しでもおかしいと感じることがあれば、病院へ行くようにしてください。

 

何科へ行くか迷った場合には、

  • 刺された箇所の腫れや痛みが気になる場合:皮膚科
  • めまいや吐き気などが表れた場合:内科

で看てもらうようにしてください。

 

まとめ

ムカデは見た目だけでなく、刺された後の毒の影響がとても怖いですよね。

万が一ムカデに刺されてしまった時、正しい対処法で処置をすれば、症状も軽くて済みます。

パニックにならないためにも、今回解説した対処法をぜひ頭に入れておいてくださいね。

 

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ