ムカデの天敵7種

ムカデの天敵7種について解説!

ムカデが何者かに食べられているところなどを、見たことありますか?

今回は、強い毒を持っているムカデの天敵7種について解説していきます。

Sponsored Link

 

ムカデの天敵

カエル

ガマガエルなどの大きなカエルは虫をよく食べますので、ムカデも食べることが多いです。

しかし、カエルとムカデについて調べたところ、「巨大ムカデがカエルの内臓を引っ張り、食べる動画!」などと、目に入るだけでも吐き気がしそうなものも発見しました。

ムカデが巨大になれば、いくらカエルでも負けてしまうこともありますので、「カエルがムカデの天敵になることもある」と言う方が正しいですね。

 

サソリ

カエルと同様、サソリとムカデも、互いに補色関係にあると言われています。

サソリもムカデと同様に毒を持っていて、敵と戦う時には毒を利用します。

格闘の末、サソリとムカデ、どちらか勝った方が相手を食べてしまうのです。

 

ヘビ

私は見たことはありませんが、ヘビがムカデを食べている様子はよく見られるようです。

しかし、例外もあります。

巨大なムカデを食べたヘビのお腹を突き破り、ムカデが出てきた動画を私は発見してしまったのです・・・。

 

早く忘れないと、食事もままならなくなってしまいそうですが、グロテスクな動画が得意な人は探してみてくださいね(笑)

やはり、強いヘビでも、あまりにも巨大なムカデにはかなわないことがあるということですね。

 

ゴキブリ

ゴキブリがムカデを食べている姿も、よく見かけられているようです。

ゴキブリは何にでも強いとよく聞きますが、ムカデまで食べてしまうんですね。

 

私はゴキブリが大の苦手です。(得意な人も少ないとは思いますが)

ムカデも大嫌いなので、そんなシーンに遭遇したら悶絶してしまうかもしれません・・・。

Sponsored Link

 

カラスやイソヒヨドリなどは、虫を食べて生きています。

ムカデも立派なカラスの餌となり、特にイソヒヨドリはムカデを好んで食べるそうで、咥えている姿もよく見られます。

 

「ムカデの毒は食べても大丈夫なの?」と、思う人もいるかもしれませんが、噛まれて毒が体内に入らなければ大丈夫です。

胃の中で消化してしまえば、ムカデの毒の害はありません。

 

トカゲ

ムカデにも種類はたくさんあり、大きなものから小さなものまで、幅広いです。

そして小さなムカデであれば、トカゲは天敵となります。

 

しかし、これも大きさなどにより、逆になる場合もあります。

自然の中では、捕食関係が複雑に絡み合っているんですね。

 

もぐら

もぐらもまた、昆虫を主食にしていますので、ムカデを食べる動物の一種です。

もぐらより体の大きなムカデなら別ですが、もぐらはムカデやカブトムシの幼虫、ダンゴムシやコガネムシなどを好んで食べているようです。

 

もぐらは土の中にいますので、ムカデとの遭遇率も多そうですね。

もぐら以上に大きなムカデに遭遇し、食べられてしまわないことを願います。

 

巨大なムカデに天敵はいない?

ムカデの寿命は大型のものなら5~10年あるそうで、30センチに及ぶものもいるのだとか・・・。

虫が大嫌いな私としては、この文章を書いているだけでも鳥肌が立ってしまうムカデという存在ですが、30センチのムカデには、天敵なんていないに等しいのではないでしょうか。

 

いくらヘビやカラスでも、自分の体以上に大きなムカデは食べられませんよね。

大きなムカデはほぼ無敵なので、ただただ遭遇しないことを祈るばかりです・・・。

 

まとめ

ムカデの天敵について解説してきましたが、何回鳥肌が立ったでしょうか(笑)

ムカデの天敵と言われる生物でも、その大きさによっては、逆に食べられてしまうこともあります。

 

もしかするとムカデの本当の天敵は、頭を使える人間しかいないのかもしれませんね。

また、その他ムカデの様々な情報や対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→ムカデの様々な情報や対処法まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ