肉離れをしたが歩ける場合の対処法9選

肉離れをしたが歩ける場合の対処法9選

無理な運動や筋肉疲労などによって起こってしまう肉離れですが、症状が軽いと歩ける場合があります。

そこで今回は、肉離れをしたが歩ける場合の対処法9選についてご紹介していきます。

Sponsored Link

 

肉離れをしたが歩ける場合の対処法

テーピングをする

室内などでで歩く際、幅の広いテープで、肉離れした場所を覆うようにテーピングしてください。

この時、肉離れした場所の周辺もしっかりテーピングすると、筋肉が固定されて歩きやすくなります。

 

ただし、軽い肉離れで歩く移動距離が短い時の応急処置ですので、外出時の対処法には向いていません。

テーピング用のテープは、ドラッグストアなどでも販売されており、いつでも手に入りますが、テーピングする位置は病院で医師に相談してみてください。

 

サポーターを使用する

整形外科を受診すると、自分の体型に合ったサポーターをすすめてくれますが、これは肉離れして歩ける時の強い味方となってくれます。

 

テーピングに比べて筋肉のサポート力も抜群で、歩いても肉離れした場所に負担もかかりにくいです。

テーピングをした上にサポーターを一緒に使用すると、さらに効果的です。

 

湿布を貼る

湿布には温湿布と冷湿布がありますが、歩けると分かった時点で、歩く前に肉離れした場所に先に冷湿布を貼るといいとされています。

歩くと筋肉を使い、肉離れ箇所に刺激を与えてしまうので、先に冷やすことで筋肉の血管の収縮を促し、患部が冷えてきたら温湿布を貼って血液循環を良くして筋肉を和らげます。

 

湿布はドラッグストアでも売っていますが、整形外科などでも処方してくれますので、肉離れを改善しながら歩くためにも病院を受診してみてください。

 

冷却スプレーを持って歩く

先ほどとは逆に、肉離れしていると少し歩いているうちに筋肉が急に熱を持ってきます。

すると、痛みが出てしまい歩けなくなったりしますので、肉離れ部分が温かくなってきたら、冷却スプレーを噴射してみてください。

すぐに筋肉が引き締まって血行も改善されますので、痛みも和らぎます。

 

歩く前に準備運動をする

歩けるからといって急に歩きだすと、肉離れが悪化する場合もありますので、まずは筋肉をほぐすためにも、ゆっくりした動きで準備体操をしましょう

特に柔軟体操は、肉離れのリハビリでも利用されているので、歩く前の筋肉の緊張感を取りたい時にはかなり効果的です。

 

準備運動を取り入れるだけで、日に日に歩ける距離が増えて、歩いていても痛みを感じなくなったという話もよく聞きます。

Sponsored Link

できれば医師などの専門家に相談して、どんな準備体操が今の自分に合うかアドバイスを受けてみると、肉離れを治すための筋肉作りも同時にできます。

 

歩く際はかなりペースを落とす

肉離れを悪化させないためにも、歩く際にはかなりペースを落とすことが必要です。

 

自分では歩けると思っていても、少し早歩きしただけで肉離れがひどくなったりしますので、足の運びをゆっくりとし、着地も穏やかに歩いてください。

万が一急いでいても、絶対に走らないでくださいね。

 

長時間歩き続けない

あまり肉離れの痛さがないと、どこまでも長時間歩き歩いてしまう人がいますが、長時間になればなるほど、肉離れの部分をどんどん攻撃してしまい、翌日に急に歩けなくなったりします。

どうしても遠くまで歩かないといけない場合は、必ず途中で休憩を取ってください

 

立ち止まるだけではなく、座って肉離れ周辺の筋肉を休めてあげないと、筋肉に過度の負担がかかりすぎてしまいます。

 

医師に相談して痛み止めを服用してから歩く

肉離れで少しの痛みはあるが歩ける場合は、応急処置として「ロキソニン」や「ボルタレン」などの痛み止めを服用してから歩くことも可能です。

痛み止めには消炎作用も含まれていますので、歩く前に飲むと痛みも軽減され、肉離れの進行も防ぐことができます。

 

しかし痛み止めを服用したからといって、医師に相談せずに安心して、いつもと同じ調子で歩きすぎたりするなどの無理は禁物です。

病院に行く時間がなければ、とりあえず市販の痛み止め服用で大丈夫ですが、早めに病院へ行き、処方してくれる痛み止めを使用して歩いてください。

 

整形外科を受診する

肉離れで歩く際には、何よりも整形外科を受診して、どの程度歩いたらいいのか、歩き方や今後の治療方針などのアドバイスを医師から受けることも大切です。

肉離れの度合いによって、歩き方や生活スタイルも変えなければいけないので、早く治すためにも病院に通い治療しながら、歩くようにしてください。

 

まとめ

以上、肉離れになっても歩ける場合の対処法をご紹介しました。

歩ける自信があっても、肉離れが悪化する可能性の方が高いので、医師に相談しながら、細心の注意を払って歩くことを心がけてくださいね。

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ