喉の痛みを治す方法5選

喉の痛みを治す方法5選

風邪をひいた時、喉が炎症を起こしている時、喉を使い過ぎた時など、様々な場面で喉は痛くなります。

喉が痛い状況は辛いですよね・・・。

そこで今回は、喉が痛くてお困りの方に、喉の痛みを治す方法5選をご紹介します。

Sponsored Link

 

喉の痛みの原因

喉は、乾燥した時や炎症を起こした時に痛くなります。

なので喉の痛みを治すには、乾燥を防いで喉を潤すこと、そして喉の炎症を治すことが必要です。

 

それでは次で、具体的な喉の痛みを治す方法を見ていきましょう。

 

喉の痛みを治す方法

うがいをする

うがいをすると、水分で喉が潤され、乾燥が改善されます。

また、喉に付着した細菌などを洗い流すことが出来ます。

 

具体的には、ガラガラと音を出すうがいで、のどの奥まで洗うようにしっかりうがいをすると良いです。

また、市販のうがい薬を使うことも有効ですが、水に塩を加えてうがいをしたり、緑茶でうがいをすることも効果的ですよ。

 

マスクをする

口を開けていると、喉が乾燥してしまいます。

口を開ける原因は、鼻が詰まって口で呼吸していることや、歯並びの悪さなど様々ですが、喉が痛い時は、マスクをするようにしましょう。

 

マスクが、口に蓋をしてくれるようになり、乾燥が防げます。

最近では、加湿できるマスクも市販されていますので、時間や場所で使い分けて、喉の乾燥を防いでくださいね。

 

水分補給をする

水分補給は、喉の乾燥を防ぎ、さらに喉に付いた細菌などを洗い流してくれるので、喉が痛い時に特には大切です。

 

そして、喉の痛みに効果の高い、

  • お茶
  • ホットレモン
  • 生姜湯

などを積極的に飲むようにしてください。

 

また、喉は冷やすより温める方が痛みは和らぐので、飲み物は温かいものを飲むようにしてくださいね。

※参考記事:喉の痛みに効く飲み物7選

 

喉の痛みに効果的な食べ物を食べる

蜂蜜

蜂蜜は喉に良い」とよく聞きますよね。

ちなみに私は、「有名な歌手が喉の保護のために、蜂蜜を毎日飲んでいる」と、蜂蜜屋さんに聞いたことがあるのですが、実際に蜂蜜には、殺菌作用と喉を保護する作用があります。

Sponsored Link

 

生姜

生姜には、殺菌作用をもつジンゲロールと、体を温めるショウガオールという成分が含まれており、喉の炎症には特におすすめです。

生姜も、飲み物や料理に加えると食べやすくなりますね。

 

大根

大根のイソチオシアネートとよばれる辛み成分は、炎症を抑える効果があります。

また殺菌作用や、咳を鎮める作用もあるそうなので、風邪をひいて喉が痛い時には、特におすすめですね。

 

納豆

納豆のネバネバした部分には、ムチンという成分が入っています。

このムチンは、喉が乾燥から防ぎ、保護してくれる働きがあります。

ムチンは、納豆の他にも山芋やレンコンなどにも含まれるそうなので、喉が乾燥して痛い場合はネバネバした食材を食べてみてください。

 

ネギ

「喉が痛い時は、ネギを食べなさい!」

小さいころおばあちゃんによく言われましたが、本当だったようです。

 

白ネギに多く含まれているアリシンは、優れた殺菌作用があると言われています。

また、疲労回復にも効果があるそうなので、風邪などで喉の痛みもあり、体がだるい時などはネギを食べると良いですね。

 

ちなみにアリシンはネギの他に、ニンニクにも含まれていますので、組み合わせる食材によって合うものを使ってみると良いですね。

 

薬を服用する

には、痛みに効くものと、痛みの原因に効くものがあります。

痛みに効くものは、市販されている鎮痛薬などがあるので、喉の痛みに我慢できない時には、飲むことをおすすめします。

また痛みの原因に効く薬は、抗生物質など市販されていない薬もあります。

 

そして、喉の痛みには漢方薬もおすすめです。

炎症抑制作用と痛みを和らげる作用を持っている、「桔梗湯」が代表的な漢方薬です。

 

もちろん、喉の痛みの原因などよっても、飲むべき薬は変わってきますので、ぜひ医師や薬剤師に相談してみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

喉の痛みを治す方法は、身近にたくさんあります。

 

紹介した飲み物や食べ物は、喉が痛くなってからはもちろん、予防にも効果があるものばかりです。

なので、風邪をひくと喉が痛くなる方、朝起きたら喉が痛くなりやすい方などは、普段から予防のために、これらの方法を取り入れておくことをおすすめします。

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ