乳児の湿疹の原因7つ

乳児の湿疹の原因7つ

乳児の肌は柔らかくデリケートなので、トラブルも多くあります。

そして乳児の湿疹と一言で言っても、湿疹の種類や原因はたくさんあるんです。

そこで今回は、乳児の湿疹の原因7つについてご説明していきます。

Sponsored Link

 

乳児の湿疹の原因

あせも

乳児によくある湿疹として、あせもがあげられます。

産まれたばかりの赤ちゃんは、自分で姿勢も変えられないので、背中やおしり、首などに、あせもが出やすいのです。

 

乳児は汗っかきです。

そして大人よりも体温は高いので、肌も蒸れやすい状態になります。

 

なので、あせもが原因の湿疹はよく見られるんですね。

夏場の乳児は常に汗をかいているような状態ですので、こまめな着替え、汗拭きをかかさないようにしてください。

 

乳児湿疹

乳児湿疹とは、新生児~4ヶ月あたりの乳児によく出る湿疹です。

皮脂の分泌の多い乳児は、皮脂が肌に溜まってしまうことが多く、それが原因で湿疹が広がります。

ひどい赤ちゃんは、顔全体に湿疹が広がり、かさぶたのような状態になってしまいます。

 

そのため、赤ちゃんが乳児湿疹になってしまい、驚くお母さんも多いです。

お母さんの食べ物が原因という説もありますが、赤ちゃんの体質はそれぞれなので、そんなことはないようですよ。

 

新生児ニキビ

産まれたばかりの新生児によく表れるのが、新生児ニキビの湿疹です。

大人のニキビのような見た目で、おでこやほっぺに表れ、ひどい時は顔全体に広がります。

ホルモンの関係上、女の子より男の子の方が新生児ニキビの出来やすい体質で、その差は約5倍と言われています。

 

アトピー性皮膚炎

顔面や頭部、耳たぶなどに赤い湿疹ができるのが、アトピー性皮膚炎の特徴です。

何度も繰り返すことが多く、かゆみを伴うため、乳児はよくかき壊して肌が荒れてしまいます。

大人になるにつれて治る子が多いですが、アトピー性皮膚炎の乳児は遺伝子的にかゆみを起こしやすい体質とされ、治るまでに苦労することが多いようです。

Sponsored Link

 

食物アレルギー

1歳近くなると、乳児も離乳食に加え、色々な食物を摂るようになりますよね。

その場合気をつけたいのが、食物アレルギーです。

食べた途端に体中に湿疹が広がる乳児もいます。

 

なので初めての食材を与える時は、食べた後に湿疹が出ないか注意してあげましょう。

食物アレルギーの疑いがある時は、その食品を与えることを避け、病院での相談が必要です。

 

おむつかぶれ

接触皮膚炎とも言いますが、尿や便による酵素などが原因となって起こる炎症です。

乳児はお風呂以外、常におむつをつけた状態で行動していますよね。

おむつの接触部分に赤く湿疹が出ることが多く、太ももやおしりによく表れます。

 

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

脂漏性皮膚炎は、皮脂の多い頭皮や顔にできる、カサカサした湿疹です。

乳児に多く見られ、赤みとかゆみを伴います。

悪化すると、黄色くかさぶたのようになります。

 

子供の皮膚は大人よりデリケート

乳児の肌は大人に比べて、保湿機能とバリア機能が未発達な状態です。

そのため、少しの刺激でも湿疹が出たり、荒れてしまうことが多いので、しっかりとケアをしてあげることが大切です。

 

乳児は自分の肌のケアなんてできませんので、周りの大人が気がついてあげなくてはいけません。

気がついてあげられるのは家族だけですので、毎日のお風呂などで気になる湿疹があれば、状態を常に気にしてあげてくださいね。

 

まとめ

乳児の湿疹の原因はたくさんあります。

その中で、素人が原因を突き止めるのは難しいと言えるでしょう。

 

子供の湿疹の症状が気になる場合、ただの湿疹と思わずに、ひどくなる前に早めに病院へ行き、適切な処置をしてもらうことが大切ですよ。

また、赤ちゃんにできた湿疹の対処法については、下記の記事も参考にしてみてください。

→赤ちゃんにできた湿疹の対処法10選

そして、その他「湿疹」の様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→湿疹の様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ