親知らずの抜歯の痛み

親知らずの抜歯の痛みについて解説!

「親知らずは抜いた方がよい」とよく言われますが、抜歯の痛みが気になって、なかなか踏み切れない人もいますよね。

そこで今回は、親知らずの抜歯の痛みについて、解説していきます。

Sponsored Link

 

親知らずを抜いた後は痛い!

脅すつもりはありませんが、親知らずの抜歯後、痛みを感じる人は多いです。

手術自体は麻酔を使いますので、痛みを感じずに抜くことができますが、問題は抜歯後の痛みとの戦いです。

 

痛みにも個人差はあり、親知らずの生え方にもよりますが、通常では2~3日間ほど痛みが続くことが一般的です。

そして大体の人が、抜歯後に腫れますので、ある程度の覚悟は必要でしょう。

 

上の歯と下の歯では、痛みの度合いが変わる

「親知らずの抜歯は痛い」と先ほどお話しましたが、上の歯と下の歯では、痛みの度合いが変わってきます

上の親知らずの抜歯は、相当生え方が悪くない限り、2~3日の違和感があるだけで済んでいる人は多いです。

 

しかし、歯の生え方によっては痛みを感じたり、治りが遅いこともありますので、手術前に担当の先生に確認しておくとよいでしょう。

反対に下の親知らずは、骨にしっかりと固定されていることが多く、抜きづらいのに加え、曲がって生えていることが多くあります。

 

そのため、歯茎の切開や骨を削るなど、大掛かりな手術が必要な場合が多いのです。

手術が大掛かりになればなるほど、痛みは大きくなりますので、麻酔が切れた時の痛みが辛く、しばらく麻酔が手放せない状態になることが多くあります。

ちなみに、下の親知らずの抜歯の場合は、手術後1週間ほどで痛みは治まることが多いです。

 

痛みが続く場合は、ドライソケットの可能性が

親知らずの抜歯後は、1週間ほどで痛みは治まることが多いのですが、人によっては2週間以上経っても痛みが引かない場合もあります。

その場合は「ドライソケット」の可能性があります。

Sponsored Link

 

「ドライソケット」とは、簡単に言うと治り遅れです。

通常、親知らずの抜歯後に出来た穴は、血餅というかさぶたで覆われ、徐々に歯肉が形成されてくるのですが、血餅がスムーズにできない場合もあります。

そうすると、抜歯後の箇所は、そのまま骨が出ている状態になりますので、痛みは長引きます。

 

感染症の心配もありますので、痛みが数週間続いたり、出血がある場合は、抜歯をした病院で診察を受けてください

ちなみに私の夫も、親知らずを4本抜いた経験がありますが、4本目の親知らずの抜歯の時は、痛みがなかなか引かず、出血も続いたことから、病院で処置してもらっていました。

 

痛みに耐えてまで、親知らずを抜歯する必要があるの?

親知らずが原因で、痛みなどの支障を感じていない場合は、それほど急いで抜歯する必要はありませんが、なるべく抜歯した方がよい理由として、

  • 虫歯や歯周病の原因となりやすい
  • 口臭の元となる
  • 磨きにくいので、虫歯が再発しやすい

などが挙げられます。

例え現時点で何も支障はない場合でも、親知らずが原因で様々な悪影響が出てくることもありますので、親知らずを見つけた時点で、病院に一度相談した方がよいでしょう。

 

親知らずの抜歯後の注意点

親知らずの抜歯後、痛みになるべく苦しまないようにするためには、痛み止めを上手に使うことを心がけましょう。

(ちなみに親知らずの抜歯後は、ほとんどの人が痛み止めなしでは過ごせませんが・・・)

アルコールは血液の循環をよくしてしまい、痛みが続くことがありますので、なるべく飲まないでください。

 

また喫煙も、毛細血管を収縮させるので、回復が遅くなり、痛みが続く原因となります。

そして念のため、下記記事も確認しておいてくださいね。

→親知らず抜糸後、注意すべき5つ

 

まとめ

親知らずの抜歯は、どうしても手術後痛みを感じることが多いです。

なので、事前にしっかり心の準備をし、対策を万全にすることで、少しでも痛みを抑えられるようにしましょうね。

また、その他「親知らず」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→親知らずに関する様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ