親知らず抜歯後におすすめの食事・食べない方がよいもの4種

親知らず抜歯後の食事について解説!

「親知らずを抜歯した後は、しばらく痛みが続くと聞いたけれど、食事はどうすればいいの?」と、疑問に思いますよね。

そこで今回は、親知らず抜歯後の食事について、詳しく解説していきます。

Sponsored Link

 

始めは柔らかいものを食べる

親知らずの抜歯後は、抜歯箇所を傷つけることを避けるため、なるべく柔らかいものを食べるようにしましょう。

抜歯直後は出血も続くことがありますので、食欲もなかなか出ないかもしれません。

しかし、栄養不足では傷の治りも遅くなってしまいますので、栄養は摂らなくてはいけませんよ。

 

親知らずの抜歯後におすすめの食事

親知らずの抜歯後におすすめの食事としては、

  • おじや
  • おかゆ
  • うどん

など、柔らかいものです。

もし痛くておかゆさえ食べられない人は、ミキサーで野菜ジュースを作ったり、プリンやゼリーなどを崩して食べてもよいでしょう。

 

親知らずの抜歯後、食べない方がよいもの

親知らずの抜歯後、痛みをあまり感じない場合は、普通の食事を摂ることもできます。

ただしそんな場合でも、なるべく避けた方がよい食べ物がありますので、詳しく説明していきますね。

 

辛いもの

親知らずの抜歯後に辛いものを食べると、傷口が刺激されてよくありません

痛み止めを飲んでいると、痛みも抑えられることから何でも食べてしまう人は多いですが、辛いものなどの刺激物は、落ち着くまで避けるようにしましょう。

 

肉類

お肉は噛みごたえがあり、奥歯で噛み砕く食べ物ですよね。

Sponsored Link

いくら抜歯をしていない反対側の歯が使えたとしても、肉類を食べると負担がかかりますし、片方の歯だけ力を入れてしまうので、噛み合わせが悪くなる場合があります。

なので親知らずの抜歯後は、腫れがひくまでは肉類を食べることは避けるようにしましょう。

 

せんべい・スナック菓子

親知らずの抜歯後に、せんべいをバリバリ食べる人は、相当勇気がある人と言えますが(笑)、食べないようにしてください。

固くて傷口に刺さる可能性がありますので。

せんべいに限らず、スナック菓子などの固いものは避けるようにしましょうね。

 

アルコール類

アルコールを摂取すると、血行がよくなります。

歯茎の血行も促進されるため、抜歯箇所の血液の流れも速くなり、炎症を起こす危険があるのです。

 

そして腫れがひどくなったり、痛みが増す可能性がありますので、アルコール類の摂取は避けましょう。

また痛み止めを飲んでいる間は、薬とアルコールの併用がよくありませんので、そういう意味でも、親知らずの抜歯後の飲酒はしばらく我慢してくださいね。

 

親知らずの抜歯後、歯磨きはどうしたらいいの?

親知らずの抜歯後に、食事だけでなく歯磨きもどうしたらよいか、気になるところですよね。

傷口には極力触れないようにして、他の歯はいつも通り磨いてください

 

口の中の細菌は少ないに超したことはありません。

歯を磨き終わったら、うがいは優しく、傷口の刺激にならない程度におさえましょうね。

 

まとめ

親知らずの抜歯後の食事は、抜歯後の様子を見ながら、少しずついつも通りの食事に戻していくことがベストです。

抜歯後は食欲が減る人がほとんどですが、きちんと栄養を摂り、傷口の治りを早くすることが大切です。

 

無理なく、柔らかいものから食べるようにしてくださいね。

また、その他「親知らず」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→親知らずに関する様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ