親知らずの虫歯が痛い場合の対処法9選

親知らずの虫歯が痛い場合の対処法!

親知らずは1番奥に生えることから、大変虫歯になりやすい歯と言えます。

親知らずの虫歯が痛い場合、どうしたらよいのでしょうか?

今回は、対処法を9選をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

親知らずの虫歯が痛い場合の対処法

痛み止めを飲む

親知らずが虫歯で痛い場合、市販の痛み止めを服用しましょう。

親知らずに限らず、虫歯の痛みはとても辛くて集中力を失いますよね。

歯の痛みによく効く市販薬としては、「ロキソニンS」「バファリンA」などがあります。

 

冷やす

親知らずの虫歯の痛みは、血流が虫歯周辺で速くなり、神経を圧迫することで起こります。

なので、痛い部分を冷やすことで血流が遅くなり、痛みが軽減しますので、氷を口に含んだり、「冷えピタ」などで頬から冷やすことも効果的です。

 

親知らずを刺激しない

痛い親知らずは、どうしても気になって、いじりたくなってしまいますよね。

しかし、痛いからといって歯を刺激しては、痛みが強くなるだけなので、むやみにいじらないようにしましょう

もちろん、歯を清潔にすることは大切なので、歯磨きはきちんと行いますが、無駄に指などで刺激をすることは避けましょうね。

 

長風呂を避ける

血流が速くなると、歯の痛みは増していきます

なので、親知らずの虫歯の痛みがひどい時は、長風呂や熱いお風呂は控えが方がよいでしょう。

 

たまねぎを使う

たまねぎには消毒効果があります。

Sponsored Link

親知らずの虫歯の初期段階の痛みの場合、たまねぎを使って和らげることができます。

 

たまねぎをそのまま噛んでもいいですし、すり下ろしたたまねぎの汁をガーゼにしみ込ませて、痛い部分に当てても効果的です。

しかし、臭いが気になりそうですよね・・・(笑)

 

禁酒・禁煙

親知らずの虫歯が痛い場合、タバコとアルコールを控えてください

タバコの煙は歯を刺激する可能性がありますし、アルコールは血流が促進され、痛みが増すことがあります。

 

やわらかいものを食べる

親知らずの虫歯が痛い場合、なかなか食欲も出ないかもしれませんが、何も食べないわけにはいきません。

食事はなるべくやわらかいものを食べるようにしましょう。

おかゆや、豆腐、うどんなどはやわらかく、刺激も少ないので、おすすめです。

 

歯医者で治療をする

今までは自分でできる対処法でしたが、親知らずが痛い場合は、なるべく早めに歯医者を受診しましょう。

親知らずは抜歯することが多いのですが、治療して残す場合もあります。

 

具体的には、まっすぐ生えていたり、噛み合わせのバランスが摂れている親知らずは、無理に抜歯することなく、通常の虫歯のように治療をして、痛みをなくす場合もあるんですね。

その辺りは、歯医者さんとよく相談して決めていきましょう。

 

抜歯する

逆に、親知らずがまっすぐに生えていない場合や、虫歯の進行が早い場合は、抜歯をすすめられるでしょう。

親知らずの虫歯は、放置すればするほど、他の歯にうつる可能性がありますし、痛みもどんどんひどくなっていきます。

手遅れになる前に抜歯して、他の歯の健康を守ることも大切ですよ。

※参考記事: 親知らずの虫歯を放置してはいけない6つの理由

 

まとめ

親知らずの虫歯が痛い場合、応急処置には様々な方法がありますが、根本の虫歯をどうにかしない限り、痛みは消えることはありません。

特に親知らずの虫歯は、生え方によっては治療も難しい場合が多いので、歯科医とよく相談し、治療法を決めていくことが大切ですよ。

また、その他「親知らず」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→親知らずに関する様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ