pm2.5の症状12個

pm2.5の症状12個について解説!

pm2.5とは、身体に様々な悪影響をもたらすものとして有名です。

なんとなく「pm2.5は身体に悪いもの」として認識されてはいますが、具体的にどのような症状が表れるのでしょうか?

今回は、12個の症状について解説していきます。

Sponsored Link

 

pm2.5とは?

pm2.5は、大きさが2.5マイクロメートル以下の、大気を漂う粒子状の物質です。

自動車の排ガスや工場の煙などから発生し、吸い込むと肺の奥まで入りやすく、健康被害を引き起こす可能性がある危険な物質です。

最近では中国における大気汚染の発生を受け、日本でのpm2.5濃度も上昇し、健康に被害を及ぼすのではないかと心配されています。

 

中国からは、黄砂の心配もありますので、偏西風の影響も恐いですよね。

※ちなみに黄砂に関しては、下記の記事で詳しくご説明しています。

→黄砂の時期はいつからいつまでなの?

 

では、実際にpm2.5の影響で、どんな症状が出るのでしょうか?

詳しく解説していきます。

 

pm2.5の症状

目のかゆみ・充血

pm2.5の代表的な症状として、目の症状があります。

pm2.5の細かな粒子は、目にも容易に入り込みます。

アレルギー反応から、目がかゆくなったり、充血したり、痛みを伴う場合もあります。

 

喉のかゆみ・痛み

pm2.5を吸い込み、喉に付着することで、喉のかゆみやイガイガ、痛みを感じる人も多くいます。

花粉症の症状と似ていることから、なかなか気がつかない人も多いです。

 

くしゃみ

pm.5の粒子が鼻や口から入り込むことで、身体は異物に反応し、くしゃみで追い出そうとする働きをします。

 

発熱

pm2.5が原因で直接出るということではなく、pm2.5により、喉や鼻の粘膜が炎症することで、発熱の症状が出る場合があるようです。

風邪の症状と間違える人が多いようです。

 

もまた、pm2.5が喉に入り込むことで起こる、代表的な症状です。

炎症により、咳が止まらなくなったり、長い時間咳き込むこともあり、多くの人が悩まされるpm2.5の症状と言えるでしょう。

あまりにも長く咳が続く場合、気管支炎などの心配もありますので、病院で診察を受けてくださいね。

Sponsored Link

 

吐き気

pm2.5の症状として、吐き気も多く挙げられます。

咳が止まらなかったり、連続して出続けることで、同時に吐き気が起こることもあるんですね。

 

関節痛

喉や鼻の炎症により発熱が起こった場合、関節痛も表れる人が多いようです。

こちらもまた風邪の症状と似ていますので、勘違いする人は多いです。

 

アトピー性皮膚炎のかゆみが増す

元々アトピー性皮膚炎などのアレルギー体質の人が、pm2.5の影響でかゆみが増すことも多々あります。

アトピー性皮膚炎の人は、皮膚が他の人よりもデリケートで、アレルギー反応も起こりやすい状態です。

そこにpm2.5の刺激により、症状が悪化するケースが多くありますので、対策に注意が必要です。

 

花粉症の症状が増す

元々pm2.5から表れる症状と花粉症のアレルギー症状は酷似していて、その症状がpm2.5が原因であったとしても、花粉症と勘違いしている人も多くいます。

花粉症での目や喉、鼻の症状がいつもよりひどいと感じたら、もしかするとpm2.5の症状により悪化している可能性もあります。

※ちなみに、花粉症の情報・症状・対策・薬に関しては、下記に詳しくまとめています。

→花粉症の情報・症状・対策・薬に関するまとめ記事一覧

 

ぜんそくや気管支炎

pm2.5の影響で出る症状として1番多く怖いのは、ぜんそくや気管支炎などの病気を発症してしまうことです。

元々ぜんそくを持っている人はもちろん注意が必要ですが、普段はなんともない人も、pm2.5が身体に入り込むことで、咳が止まらずぜんそくや気管支炎になる危険があります。

 

肺気腫

タバコが主な原因とされている肺気腫ですが、pm2.5の侵入により、気管支に炎症が起こり、肺胞が破壊されることで、肺気腫になる危険もあります。

息苦しさや、痰が大量に出るなどの症状が続いたら、肺気腫のサインかもしれません。

 

肺がんのリスクが増す

タバコが肺がんのリスクを増やすことは知っている人が多いでしょうが、pm2.5は吸い続けると、タバコ同等の肺がんのリスクがあるようです。

pm2.5は粒径が2.5マクロメートルの粒子で、有害な化学物質や発がん性物質を多く含んでいます。

長期間に渡り吸引し続けると、確実に肺がんのリスクは高まってしまうのです。

 

まとめ

pm2.5の症状について、まとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

気になる人は、とにかくできる対策から始めていきましょうね。

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ