ロタウイルス、赤ちゃんの症状と対処法

ロタウイルス、赤ちゃんの症状と対処法!

冬場に流行する胃腸炎。

中でもロタウイルスはほとんどの乳幼児が、5歳までにかかることで知られています。

そこで今回は、ロタウイルスの赤ちゃんの症状と対処法について、ご説明していきます。

Sponsored Link

 

「おなかの風邪」=「胃腸炎」

小児科を受診した際によく言われる「おなかの風邪」とは胃腸炎のことですが、ひとくちに胃腸炎といっても様々な種類があります。

その中でも、ほとんどの乳幼児がかかってしまうほど、強い感染力を持っているのがロタウイルスです。

乳幼児は抵抗力が弱く重症化することもあるので、症状とケアを覚えておくと安心です。

 

赤ちゃんのロタウイルスの症状

赤ちゃんがロタウイルスにかかった時の症状は主に、

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 発熱

この3つです。

 

特に下痢の症状が特徴的で、白色~黄色の水っぽく酢臭のきつい便が出ます。

また、下痢・嘔吐ともに症状が激しいことから、倦怠感・唇の乾燥・おしっこの量が減るなどの脱水症状が出ることがあります。

脱水症状が進むと入院が必要になることもあり、特に2際未満の子供で入院に至るケースが多いです。

 

ロタウイルスの重症化と後遺症

胃腸の症状以外にも、脳炎や脳症などの合併症になることがあります。

子供の脳炎・脳症の約4%がロタウイルスの合併症と言われており、意識障害や痙攣の症状が出ます。

 

そのうち、38%が後遺症で麻痺が残ってしまうそうです。

日本でも毎年40人ほど、ロタウイルスが原因の脳炎・脳症を発症しているため、注意が必要です。

 

脱水症状による重症化を防ぐには

水のような下痢・嘔吐を繰り返すことで、赤ちゃんはあっという間に脱水症状を起こします。

脱水を防ぐには水分補給が大切ですが、ただ飲ませれば良いという訳ではありません。

 

吐き続けている時に水分を与えると、余計に吐き気が増して、逆に脱水を促進させてしまうことがあります。

ではどのように水分補給をすればよいのでしょうか?

 

嘔吐時の水分補給の仕方

  • 最後の嘔吐があった後、1~2時間ほど胃を休ませます。
  • 吐き気が落ちついたら、子供用のイオン飲料や湯冷ましをスプーン1杯あげましょう。
  • 5分ほど様子を見て、吐かなければ、今度はスプーン2杯あげてみましょう。

この方法で徐々に量を増やしていきます。

Sponsored Link

吐いた後はのどが渇き、たくさん欲しがるかもしれませんが、空の胃に水分がたまると、余計に吐いてしまうことがあるので慎重にいきましょうね。

 

飲み物はなんでも良いの?

最も適当なのは、速やかな脱水の改善を期待できるOS-1アクアライトなど経口補水液です。

赤ちゃんの場合はおっぱいを欲しがるかもしれませんね。

 

その場合は、1回に吸わせる時間を減らして回数を増やすのがよいでしょう。

お子さんが好きでも、柑橘系のジュース・乳酸飲料・牛乳などは吐き気を誘発する恐れがあるので控えてくださいね。

 

脱水症状が出たらすぐに病院へ!

胃腸炎の看病は本当に大変なもので、赤ちゃんとなればなおのことでしょう。

そのため、上手に水分補給が進まないこともあると思います。

 

お子さんの状態をよく確認して、以下のような症状があればすぐに病院を受診しましょう。

  • 水分が取れないほどぐったりしている
  • おしっこが半日以上出ない
  • 目つきがおかしい
  • 反応が鈍い

夜間であっても救急医の利用ができますので、日頃から救急医の連絡先は確認しておきましょう。

 

症状が落ちついたら

嘔吐の症状が落ち着いて、水分補給できるようになったら、食事を少しずつ始めましょう

病気を治すには、なんといっても睡眠と栄養補給です。

 

乳児であればおっぱいですが、離乳食や完全食の場合は消化の良い食品を選ぶようにします。

おかゆ・うどん・白身魚・豆腐などが良いですね。

油っぽいものや乳製品、酸味のある食べ物など刺激や冷たすぎるものは控えましょう。

 

まとめ

ロタウイルスは特効薬がないため、治療には家族の適切な看病が必要です。

脱水症状からの重症化を防ぐためにも、正しい水分補給の方法を確認しておきましょう。

 

また、お子さんの様子をよく観察して、変わった点があれば迷わず受診しましょうね。

ロタウイルスに感染した時に、保育園をどうするかについては、下記の記事も参考にしてみてください。

→ロタウイルスに感染したら保育園はいつからOK?

 

また、その他ロタウイルスの様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→ロタウイルスの様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ