ささくれができる原因9つ

ささくれができる原因9つ

別にけがをしたわけではないのですが、指にささくれができるとどうしても気になって、イライラすることもありますよね。

ささくれができる原因とは、どんなことがあるのでしょうか?

今回は、9つの原因を挙げていきます。

Sponsored Link

 

ささくれができる原因

乾燥

ささくれの一番の原因は、乾燥と言えるでしょう。

特に冬場は空気の乾燥により、ただでさえ手がカサカサして、ハンドクリームがないと大変なことになる人も多いですよね。

肌の潤いがないと、皮膚がめくれやすく、ささくれができる原因となってしまいます。

 

家事・育児

小さい赤ちゃんがいるお母さんは、常に手を清潔にしていないといけませんので、オムツ替えの後は手洗い、食事のお世話の後に手荒い、よだれを拭いてあげた後は手洗いと、1日に数えきれないほど手洗いをします

ハンドクリームを塗ってもすぐ手洗いが待っているので、塗らなくなってしまう人も多いのではないでしょうか。

それに加え、洗濯物や食器洗い、料理などで手をたくさん使いますので、手が乾燥しやすく、ささくれが増える原因となりますよね。

 

ネイル

マニキュアを落とす時のリムーバーや甘皮の除去は、アルコール消毒の影響でささくれができることがあります。

過度な甘皮除去は、奇麗なネイルにとっては大切ですが、指の健康にとってはよくありませんので、特に自分で行う場合には注意が必要です。

 

頻繁にネイルチェンジする人も、保湿ケアを念入りにする必要があります。

ネイルリムーバーは、乾燥しにくい成分の入ったものも多いので、肌に優しいタイプを選ぶようにしましょう。

 

血行不良

指先の血行不良になると、皮膚のための栄養が指先まで行き渡らず、ささくれになりやすい皮膚が作られる場合があります。

冷え性の人もこれに当てはまりますが、日頃から指先を動かすことで、血行促進を意識しましょう。

こまめにハンドクリームでマッサージすることも血行促進を促すので、ささくれ予防に効果的ですよ。

 

栄養不足

皮膚の原料となる、

  • タンパク質
  • ビタミン類
  • ミネラル類

これらが不足すると、健康な肌は作られません。

Sponsored Link

 

特にビタミンは、ささくれ防止のために大切な栄養素ですので、不足するとささくれの原因となってしまいます。

栄養バランスを考えて、きちんとした食事を摂ることが、ささくれ予防のためには大事ですね。

 

熱いお湯ばかりで手を洗う

食器洗いや手洗いは、水では手がかじかんで痛くなりますので、冬場はお湯で行う人が多いですよね。

実はお湯にたくさん触れることも、皮膚の潤いをなくし、ささくれができる原因となっています。

熱いお湯は、肌の乾燥を進める元となってしまいますので、冷たい水が辛い場合は、少しぬるめのお湯で洗うようにしましょう。

 

デスクワーク

デスクワークでの代表的な作業と言えば、パソコンです。

オフィスは空気が乾燥していることも多く、書類作成などのタイピングって、指先をたくさん使いますよね。

長時間パソコン操作などを続けたり、コピー用紙などを触る仕事をしていると、指先は乾燥して、ささくれができやすくなります。

 

爪を噛む癖がある

爪を噛む癖はありませんか?

爪を噛むことで、唾液が指先に付き乾燥を促してしまったり、指先を傷つけてしまうことで、ささくれができる原因になります。

 

爪を噛む癖のある人は、ささくれができても噛むことをやめないため、どんどん悪化する恐れがありますので、やめるように努力してください。

見た目にも、爪を噛む行為はみっともないですからね・・・。

 

ストレス

ストレスが指先に表れる人は多いです。

先ほどお話した「爪を噛む癖」も、ストレスによって引き起こされている可能性があります。

 

ストレスが溜まると、無意識のうちに爪を噛んだり、指先をいじったりしてしまう傾向があります。

指先も傷つきやすくなりますし、ささくれができた場合もいじってしまい、治りが遅くなり悪化する恐れもあります。

ストレスは皮膚にとっていいことなしですね。

 

まとめ

ささくれができる原因を細かく挙げてみましたが、ささくれの大きな原因は「乾燥」です。

ささくれ予防には、ストレスを溜めないことと、いかに指先を乾燥させないかが大切になってきますので、適切なケアをし、ささくれのない健康的な指先を目指しましょうね。

ささくれを治す方法について詳しくは、下記の記事を参考にしてみてください。

→ ささくれを治す方法9選

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ