紫外線アレルギーの日焼け止め対策6選

紫外線アレルギーの日焼け止め対策6選

腕や顔などの肌に、湿疹、かゆみ、かぶれなどの症状が出るのが、紫外線アレルギーです。

症状防止には、原因となる日焼け止め対策が大切になってきます。

そこで今回は、紫外線アレルギーの日焼け止め対策6選をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

紫外線アレルギーを防ぐには、日焼け止め対策が最も大切

紫外線アレルギーは、日光に含まれる紫外線に肌が当たることで、かゆみや湿疹を起こすことを言います。

薬などで症状を抑える方法もありますが、自分でできる対策としては、やはり日焼け止め対策が大事です。

 

上手に日焼け止め対策をし、アレルギー症状をより軽くできるよう、日焼け止め対策を紹介していきます。

また、紫外線アレルギーの症状に関しては、下記記事に詳しくまとめています。

→紫外線アレルギーの症状(顔など)

 

紫外線アレルギーを防ぐ日焼け対策

日焼け止めを塗る

紫外線アレルギーの人に、日焼け止めは必須アイテムです。

特に紫外線を強力にカットでき、肌にも優しいおすすめの日焼け止めを紹介します。

 

ハクデイズム UVサンプロテクトミルク

この「ハクデイズム UVサンプロテクトミルク」は、SPF50、PA++++というすぐれものの日焼け止めです。

肌にも優しく、下地にも使えるほどなめらかな塗り心地です。

 

価格はそこまで高くなく、敏感肌な人でも使える日焼け止めとしては、かなりおすすめです。

優しいつけ心地で、アレルギー原因の紫外線をしっかりカットできますよ。

 

POLA ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト

こちらの「ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト」も、SPF50、PA++++というとても優れた日焼け止めです。

白浮き、ベタつきも少なく、紫外線を強力にカットしてくれます。

 

POLAということもあり、お値段もやや高めですが、期待を裏切らない効果と言えるでしょう。

保湿成分も含まれているため、紫外線アレルギーでデリケートな肌の人にも安心して使える日焼け止めです。

 

ビオレ さらさらUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

こちらの「ビオレ さらさらUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス」は、SPFが50なのにもらかかわらず、サラサラしたつけ心地で、さらに値段もお手頃でリーズナブルです。

Sponsored Link

日焼け止めは毎日使うとすぐに無くなってしまうので、このお値段はとても嬉しい限りです。

つけ心地もとてもよいので、私も愛用しています。

 

帽子をかぶる

日焼け対策の帽子と言えば、ツバの大きめ帽子をかぶることは基本ですよね。

また色は、黒や紺や茶など、濃いものの方が紫外線カットにより効果的とされています。

 

日傘をさす

近頃は男性でも日傘をさす人がいるほど、日焼け止め対策をしている人は多いです。

紫外線アレルギーの人は、日傘も必須アイテムなのではないでしょうか。

色は濃いものの方が効果的ですが、色々なデザインもありますので、1本持っているととても便利です。

 

UVカットの服を着る

UVカット加工の服も、増えてきましたよね。

ユニクロを始め、ファストファッション界でもUVカットの服はなくてはならない存在です。

紫外線の多い春夏は、カーディガンの長袖もうまく使い、日焼け止め対策をしていきましょう。

 

サングラスをかける

紫外線アレルギーは、目にも症状が表れる場合があります。

日に浴びて赤くなったり、痛みを感じる人は紫外線アレルギーの可能性大です。

日差しの強い日に限らず、曇りの日も紫外線は出ていますので、サングラスなどをして目の日焼け止め対策も必要になってきます。

 

手袋をする

自転車や車の運転中は、意外と腕や手の甲に、紫外線を浴びています。

紫外線アレルギーの人は腕に湿疹が出ることが多いですので、日焼け止め対策として、長めの手袋をする人は多いです。

毎日日差しの強い中、自転車で子供を保育園に送り迎えするお母さんで、日焼け止めの手袋をしている率はけっこう高いですよ。

 

とにかく露出を少なく

紫外線アレルギーの人は、なるべく紫外線の強い時間帯は外に出ないことが望ましいですが、そうはいきませんよね。

止むを得ず外に出る場合、暑くても夏でもできれば長袖長ズボンの、なるべく露出を少なるすることが理想です。

 

肌が出てしまう部分は日焼け止めを塗り、紫外線から身を守ってくださいね。

また、紫外線の多い時間帯について、下記も確認しておいてください。

→紫外線の多い時間帯

 

まとめ

肌の様々なトラブルが表れる紫外線アレルギー対策は、なるべく紫外線を浴びないことが重要です。

そのためにも、できる日焼け止め対策は万全にし、アレルギー症状をなるべく少なくしていきましょう。

 

また、紫外線アレルギーに効く薬については、下記記事を参考にしてみてください。

→紫外線アレルギーに効く薬7選

そして、その他「紫外線」の様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→紫外線の様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ