紫外線の多い時間帯

紫外線の多い時間帯について解説!

年々多くなると言われている紫外線、対策を万全にしていますか?

紫外線の多い時間帯を把握することで、今後の紫外線予防に効果的です。

そこで今回は、紫外線の多い時間帯について、解説していきます。

Sponsored Link

 

紫外線は1年中、地上に降り注ぐ

紫外線というと、春夏に強いイメージを感じる人が多いでしょう。

日焼け止めのCMも春夏によく放送されますので、春夏は紫外線対策が大事なのは、知っていますよね。

 

しかし、秋冬も紫外線は地上に降り注いでいます

長袖が多くなりますので、冬場の腕や脚の紫外線対策はいらないかもしれませんが、顔はしっかりと紫外線対策が必要になってきます

 

紫外線の多い時間帯

では1日のうち、紫外線が多い時間帯はいつなのでしょうか?

ずばり言いますと、9時から14時の間は、1日のうちで紫外線の量は多く、その中でも特に、12時から14時の間は最も紫外線の多い時間帯と言えます。

仕事などで外出をやむを得ない人は、その時間帯は紫外線対策は万全にする必要がありますね。

 

夏場は特に、12時から14時の外出は避ける

真夏の昼間は、暑くて出かけたくありませんよね。

熱中症対策でもそうですが、自分で外出する時間がある程度決められる場合、紫外線対策としても、昼間の外出は避けた方がよいでしょう。

 

犬の散歩なども、早朝か夕方行うようにしてください。

そして9時から14時の間だけでなく、明るいうちは紫外線は存在することを忘れず、外に出るときは日焼け止めなど、対策をしてから出てくださいね。

 

紫外線が多い時間帯での外出の注意点

紫外線が多い時間帯は、なるべく外に出ないことが望ましいですが、仕事などでそんなこと言っていられない人もたくさんいますよね。

Sponsored Link

紫外線の多い時間帯に外に出る時は、日焼け止めはまず必須ですが、その上には、

  • UVカットのカーディガン
  • つばが広めの帽子
  • サングラス
  • ストール
  • 手袋

などを重ね、できれば日傘を差し、なるべく肌の露出は控えてください。

最近では、夏でも長袖を着る人は増えていますよね。

 

雨の日、曇りの日も紫外線には注意!

太陽が雲で隠れている曇りや雨の日は、私もよくやってしまうのですが、「今日は曇ってるから日焼け止めは塗らなくていいや」と、特に何も紫外線対策をせず、出かけてしまうことはありませんか?

曇りの日は晴れの日の50%雨の日でも30%の紫外線は存在します

何も対策をしていない場合、その紫外線を丸々浴びていることになりますので、少しの油断で毎日の努力が台無しになってしまうことを忘れないでくださいね。

 

天気の悪い日でも日焼け止めは必須

先ほどもお話した通り、曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいます。

なので、最低限日焼け止めだけでも塗って、紫外線対策は怠らないようにしてください。

 

日焼け止めが苦手な人も多いと思いますが、「紫外線が多い時間帯には、強い日焼け止め」「曇りや雨の天気の日には、弱い日焼け止め」などと、日焼け止めも種類によって使い分けるとよいかもしれません。

優しいつけ心地の日焼け止めも増えてきていますからね。

 

まとめ

紫外線の多い時間帯は、9~14時の間です。

特に12時前後は非常に紫外線の多い時間帯と言えますので、外出の際は紫外線対策を万全にして、肌や髪の毛へのダメージを最小限に抑えましょうね。

 

また、紫外線で目が痛くなってしまった場合は、下記の記事も参考にしてみてください。

→紫外線で目が痛い場合の対処法9選

また、その他「紫外線」の様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→紫外線の様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ