髪の湿気対策7選

髪の湿気対策7選

湿気の多い時期になると、髪がうまくまとまらなかったり、広がったりと、たくさんのトラブルが増えてきますよね。

女性に多い、湿気による髪の状態の悩み。

そんな時に役立つ、髪の湿気対策を7選を、ご紹介します。

Sponsored Link

 

髪の湿気対策

シャンプーを変える

湿気により髪が広がりやすい人は、シャンプーを変えると髪の状態が変わってくることがありますよ。

例えば、広がりやすい髪質の人は「しっとりタイプ」に変えるだけでも、重たい仕上がりになることで、その重さから髪の広がりを防ぐことができます。

 

ブローを工夫する

湿気により髪がうねったり広がることを防ぐには、ブローを工夫する方法があります。

まず、濡れた髪をドライヤーで半乾きほどに乾かします。

 

その状態で、トリートメント(洗い流さないタイプ)を髪全体に付け、再度ドライヤーで乾かします。

ブラシを使いながらゆっくり乾かすことで、湿気で広がる原因となる、髪へのダメージも軽減できます。

 

トリートメントオイルを持ち歩く

「出かけるときはまとまっていたのに、夕方になったら髪が湿気でバサバサ!」なんてこと、多いですよね。

そんな時のために、トリートメントオイルを持ち歩いておくと、外出先でも簡単に使えるので心強いです。

 

できれば霧吹きの容器に移し替え、シュッとひと吹きした後、念入りにブラッシングをすれば効果が長持ちしますよ。

 

まとめ髪スタイルにする

湿気で髪のボリュームのコントロールがうまくいかない時期は、まとめ髪ですっきりさせてしまいましょう。

Sponsored Link

ショートの人は難しいですが、セミロング以上の長さがあれば、今は簡単にできるヘアアレンジが山ほどありますし、サラサラヘアにこだわらなくても、まとめ髪でアレンジを楽しむ方法もあります。

 

ヘアアイロンで整える

湿気により、地毛の癖が出やすい人の必須アイテムがヘアアイロンです。

熱の力で簡単に髪の毛がまっすぐになる優れもので、私も高校生の頃は愛用していました。

 

驚くほどまっすぐになるので、ついつい欲張って長時間かけがちですが、使えば使うほど、痛みの原因となります・・・。

痛んだ髪は、湿気の影響をさらに受けやすくなるので、ヘアアイロンは必ず乾いた髪で、適温(140度ほど)で行ってくださいね。

 

縮毛矯正する

地毛の癖が強く、湿気によりどうしようもないことになってしまう人には、縮毛矯正がおすすめです。

仕事などで朝、ゆっくりヘアケアをする時間のない人は、思い切ってサロンに頼ってしまいましょう。

 

縮毛矯正は強いくせ毛にも効果的で、1度かけると2ヶ月ほどは持ちますので、多少値段が高くても、その分の効果は得られるでしょう。

普段行っているサロンなら、あなたの髪の癖を分かっているはずですので、スムーズですよ。

 

帽子をかぶる

仕事や学校に支障がないのであれば、湿気でうねった髪の毛対策には、帽子をぽんっとかぶってしまえば、オシャレという名の髪の毛対策になります。

私は専門学校で寝坊し、髪の毛に時間をかけられない時は決まって、帽子をかぶって髪の毛を隠し、通学していました。

 

梅雨時期の帽子は少し暑いかもしれませんが、最短でできる髪対策と言えるでしょう。

 

髪のダメージは湿気に弱い!

ヘアアイロンやブローで、どんなに時間をかけて髪の湿気対策をしても、元の髪が痛んでいれば、湿気による影響はもろに受けてしまうでしょう。

湿気が多い時期は特に、毎日のヘアケアを怠らず、痛みの少ない髪を目指しましょう

 

まとめ

毎年梅雨時期になると、女性は特に、髪の湿気対策には悩まされますね。

今回の対策法、困った時はぜひ参考にしてみてくださいね。

また、湿気自体の対策については、下記の記事も参考にしてみてください。

→ 湿気対策9選

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ