湿疹が治らない場合の対処法8選

湿疹が治らない場合の対処法8選

湿疹が身体のどこかにできると、誰でも早く治したいと思いますよね。

ただなかなか治らないと、焦って、イライラもどんどん大きくなってしまいます。

そこで今回は、湿疹が治らない場合の効果的な対処法8選をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

湿疹が治らない場合の対処法

皮膚科を受診し、原因を知る

まず、「湿疹がなぜできているのか」、原因を知ることが大切です。

「虫に刺された」など、明らかに原因が分かっている場合は別ですが、多くは「なんでこんなところに湿疹ができているのだろう?」と、自分でも原因が分からないことが多いのではないでしょうか。

 

そんな時は皮膚科を受診し、原因を知ることが大切です。

気になる湿疹が治らない場合は、病院を頼るのが1番ですよ。

 

生活リズムを整える

生活リズムは乱れていませんか?

睡眠が十分に取れていなかったり、疲れていたりしませんか?

 

皮膚のトラブルは、生活習慣の乱れからもよく起こります。

湿疹がなかなか治らずに、身体が疲れていると感じる人は、1度自分の生活リズムを見直してみてください。

 

食べ物に気をつける

湿疹が治らない症状は、食べ物から来ていることも多いです。

食事は添加物が使われているものは、なるべく避けた方がよいですね。

 

添加物は湿疹などの症状を悪化させてしまいますので。

スナック菓子や脂分の多い食品もなるべく避け、逆に緑黄色野菜や海藻、魚、豆腐などを、意識して多く摂るように心がけてみましょう。

 

刺激をしない

湿疹というのは、どうしても気になっていじりたくなってしまうものですが、我慢してください

湿疹は、刺激をすればするほど悪化の原因となりますし、悪化するほど治りにくくなります。

 

手のひらに湿疹が表れる「手湿疹」は特に水仕事は極力避け、刺激をしないようにしましょうね。

Sponsored Link

※ちなみに、手のひらに湿疹が表れる「手湿疹」の対処法に関しては、こちらで詳しくご説明しています。

→手のひらの湿疹にかゆみがある場合の対処法8選

 

保湿をする

肌に乾燥がよくないことはご存じだと思いますが、湿疹にも乾燥は大敵です。

なのでワセリンや馬油など、肌への刺激が少ない保湿クリームを塗ることで、肌がコーティングされ、治りにくい湿疹の悪化を防止します。

しかし、湿疹の炎症がひどく、かゆみが激しい場合、逆効果になることもありますので注意してくださいね。

 

ストレスを溜めない

仕事やプライベートで、ストレスは溜まっていませんか?

私の友人にも、子育てのストレスで湿疹が出たり、仕事がうまく行かないストレスから、手や足に真っ赤な湿疹が出てしまった人がいます。

 

ストレスにより自律神経が乱れると、肌の調子も悪くなり、湿疹が出てなかなか治らないことも多いです。

自分の上手なストレス発散法を見つけましょうね。

 

ビタミンを摂る

肌に大事な栄養素として、ビタミンがあげられます。

特にビタミンB2には、健康な肌を作り出す働きがありますので、なかなか湿疹が治らない人は、積極的に摂るようにしましょう。

 

ビタミンB2は、レバーや納豆に多く含まれていますよ。

また脂質の酸化を防ぐ、たらこやアーモンドに多く含まれるビタミンEも、湿疹予防には効果的な栄養素です。

 

化粧品を変える

これは女性に言えることですが、顔や手の湿疹がなかなか治らない場合、毎日使っている化粧品が肌に合っていない可能性もあります。

なので、化粧品を敏感肌用に変えてみたり、ファンデーションなどは使わない期間を作ってみてください。

余計な刺激を与えないことで、肌に変化が表れるかもしれません。

 

まとめ

人間の身体は皮膚で覆われているため、湿疹は身体のどの部分でも表れる皮膚の症状です。

治らない湿疹の原因には、表面的なことだけでなく、身体の内側から表れることも多いので、できれば早めに皮膚科を受診してみてくださいね。

また、その他「湿疹」の様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→湿疹の様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ