たけのこの食べ過ぎによる悪影響5つ

たけのこの食べ過ぎによる悪影響5つ

春先になると旬になるたけのこは、柔らかく煮て食べると、とっても美味しいですよね。

思わず食べ過ぎてしまうこともありますが、それには悪影響もあるんです!

そこで今回は、たけのこの食べ過ぎによる悪影響5つについて、ご説明していきます。

Sponsored Link

 

たけのこの食べ過ぎによる悪影響

吹き出物が出る

たけのこは食べ過ぎると、たけのこに含まれる「コリン」や「ノイリン」という物質が原因で、吹き出物などのアレルギー症状が出る場合があります。

普段は肌が丈夫で綺麗なのに、たけのこを食べ過ぎた後に顔に吹き出物ができたら、たけのこの食べ過ぎが原因の可能性があります。

 

胃腸に負担がかかる

たけのこの「えぐみ」成分と呼ばれるシュウ酸が、胃腸に負担をかけます。

新鮮なたけのこにはシュウ酸は少ないですが、収穫して時間が経ったたけのこには、シュウ酸が増える傾向がありますので、たけのこが手に入ったら、なるべくその日に茹でて、アク抜きをするようにしましょう。

アク抜きの方法は、後で解説します。

 

シミが濃くなる

たけのこのえぐみ成分のホモゲンチジン酸は、肌のシミやそばかすを濃くする場合もあります。

ホモゲンチジン酸とは、チロシンが酸化してできたもので、たけのこを茹でると白い結晶ができますよね。

 

その結晶がチロシンです。

チロシンを摂りすぎると、シミやそばかすの元になる、メラニン色素を多く作る作用がありますので、食べ過ぎると濃くなる危険があります。

 

お腹が下る

たけのこには食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は身体にとってよいものでもありますが、摂取しすぎるとお腹を下したり、胃もたれの原因となります。

普段からお腹を下しやすい人は、たけのこの食べ過ぎには注意してくださいね。

 

口・喉がイガイガする

たけのこに含まれるアセチルコリンには、副交感神経を刺激する働きがあります。

たけのこを食べ過ぎると、口や喉がイガイガする場合があり、その原因はアセチルコリンと言えるでしょう。

Sponsored Link

時間が経てば自然と治まる症状ですが、体質によっては少量のたけのこでもイガイガする症状が出る場合があります。

 

悪影響を及ぼさない、たけのこの量は?

たけのこを食べ過ぎると、上記のような悪影響が表れる場合があることが分かりました。

では、「たけのこの食べ過ぎの量」とは、どの程度なのでしょうか?

 

人によって体質は違いますし、たけのこを食べ過ぎになる量も、「ここまでなら大丈夫!」と、はっきり言えるほど定かではありません。

しかし例えば、たけのこご飯を数杯程度おかわりするくらいであっても、、たけのこばかり1日中食べているわけではありませんので、まず問題ないとは言えます。

 

たけのこを食べるときは、しっかりとアクを抜くことが大切

たけのこの食べ過ぎによる悪影響は、たけのこの量よりも、アクの量に左右されることが多いです。

たけのこのアクは、上記のような悪影響を及ぼすことが多いので、しっかりとアクを抜くことが大切です。

 

スーパーなどで「水煮」の状態で売っていることが多いのは、このアク抜きの作業が少々面倒なことと、収穫してすぐにアク抜きをしないと「えぐみ」がどんどん強くなり、悪影響をもたらす成分が増加してしまうからなのです。

 

たけのこのアクの抜き方

たけのこのアクは、悪影響を及ぼすだけでなく、たけのこの味自体も美味しくなくさせてしまいます。

そこで次に、たけのこの正しいアクの抜き方を簡単にご説明します。

  • 1.米ぬか(カップ1杯程度)、鷹の爪(2、3本)を準備します。(米ぬかが手に入らない時は、米のとぎ汁を用意します。)
  • 2.たけのこを綺麗に洗い、先を斜めに切り落とします。その後、縦に深く切り込みを1本入れます。
  • 3.鍋にたけのこを入れ、米ぬか、鷹の爪と一緒に火にかけ、沸騰したら弱火で1時間ほど茹でます。くしを刺して、中まですぐに入ったら、茹で上がりです。
  • 4.火を止め、そのままひと晩置きましょう。

 

たけのこのアクの処理は、このように時間がかかります。

大変ですが、美味しく料理するためにも、そして悪影響をなくすためにも、必ず必要な手順ですね。

 

まとめ

たけのこに食べ過ぎによる悪影響をご紹介してきましたが、怖がらないでくださいね。

食べ過ぎと下処理さえ気をつけていれば、食物繊維も豊富ですし、便秘予防にもなるという、身体によい影響を与えてくれる食べ物ですので。

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ