たんこぶが治らない場合の対処法3選

たんこぶが治らない場合の対処法3選

頭にできてしまったたんこぶは、治りが遅いと心配になりますよね。

そこで今回は、たんこぶが治らない場合の対処法3選について解説していきます。

Sponsored Link

 

たんこぶができるメカニズム

同じような強さでぶつかったのに、体の他の部分には何も影響がなく、頭にだけたんこぶができてしまうことがありますよね。

それは頭が「硬い頭蓋骨を薄い皮膚で覆う」という構造になっているからです。

また頭は脳に近いため、血流が集まっています。

なので、少しの傷でも大量に出血するのはこれが原因なのです。

 

そして頭部の皮下組織を走る毛細血管は、体の他の部分に比べて衝撃に弱いです。

なので頭部を強く打ち皮下組織が傷つくと、内出血が起こり、血液とリンパ液がにじみ出て、皮膚内部に溜まります。

腕や足であれば皮膚の組織に余裕があるため、アザとなって変色するか、少し腫れるくらいで済みます。

しかし頭の皮膚はごく薄いため、にじみ出た液体の分だけぽこっと皮膚が盛り上がります。

 

これがたんこぶです。

そして頭を打った時、「たんこぶができた方が安全で、できなかったら危険」などと言われることもありますが、決してそんなことはありません。

打撃による危険度はどちらも同じ程度です。

なのでもし頭を打った時、本人がいつもと変わらず元気にしていれば、たんこぶがあってもなくても、そのまま様子見で構わないでしょう。

 

ただし、

  • 様子がおかしい
  • ろれつが回らない
  • 嘔吐・吐き気がある
  • 元気がない
  • 食欲がない 

などといった症状が見られたら、すぐに病院を受診するようにしてください。

 

たんこぶが治らない場合の対処法

たんこぶができて3日目以降

たんこぶができた直後は、冷たいタオルや氷嚢などで冷やすのがベストですが、腫れが多少治まってきた3日目以降は温めてみてください

Sponsored Link

血の巡りをよくすることで、たんこぶの内部に溜まった血液やリンパ液が周りの組織になじみ、早く吸収されます。

また、たんこぶ内部の血液をこれ以上増やさないために、顔がほてるほど激しい運動をしたり、熱いお風呂に長い間つかるなどといった行動は避けましょう。

そして、お酒の飲酒は控えるようにしてください。

 

たんこぶができて2週間目以降

通常、染み出た血液が再び血管内に吸収されるのに、およそ2週間かかります。

ただし、2週間経ってもたんこぶが治っていない場合は、注意が必要かもしれません。

というのは、たんこぶ内部の血液が周りの組織に吸収されず、残ってしまっているパターンが考えられます。

 

この時にまず気をつけたいことは、同じ場所にたんこぶを作らないことです。

治っていないたんこぶの上をまた打撲などで傷つけてしまうと、皮下のダメージがさらに治りにくくなってしまいます。

なのでダメージを重ねないよう、気をつけて過ごしましょう。

また気になる場合は、病院へ行って医師に相談するようにしてください。

 

たんこぶができて数か月以降

2~3か月経っても、たんこぶがまだふくらんだままであれば、そのままにしておいても治らないかもしれません

それは、たんこぶ内部の血液が凝固し、その血の塊の周りが線維化したか石灰化したかで、肉芽腫が形成されて、こぶとして残ってしまっている状態が考えられます。

そのままにしておいても害はないことも多いですが、目立つ場所だから気になるという方は、形成外科か脳神経外科で相談してみてください。

 

まとめ

以上、たんこぶが治らない場合の対処法3選について解説しました。

たんこぶそのものは無害なことが多いですが、治らずに一生そのままということもありえます。

なのでそのようになりたくない場合は、できるだけ早めに対処していきましょう。

具体的には、痛みがなくなってきてから対処していきましょう。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ