手の皮がむける原因7つ

手の皮がむける原因7つ

手の皮がむけることで辛く悩んでいる人は、想像以上に多いようです。

そこで今回は、手の皮がむける原因7つについて、ご説明していきます。

Sponsored Link

 

手の皮がむけることは、季節の変わり目に多い?

今はほとんどありませんが、私も中学生の頃は、季節の変わり目になると、なぜか手の皮がむけて真っ赤になり、入浴時にはヒリヒリして辛かったことを覚えています。

毎年のように、春先と秋の終わり頃にその症状がよく表れていたので、「またか」と慣れてしまっていましたが、実際、原因は何だったのでしょうか?

 

手の皮がむける原因

汗疱(かんぽう)

手の皮がむける症状として代表的なものが、汗疱(かんぽう)と言われる異汗性湿疹という症状です。

汗や金属アレルギーが原因と言われていて、主な症状は、細かな透明な水疱が手や足にできることです。

 

ひどくなると徐々に皮がむけてきます。

通常はかゆみがないことがほとんどですが、悪化したり、水疱が破れて皮がむける状態になると、かゆみを伴います。

 

手湿疹

汗疱と症状は似ていますが、水仕事など手への刺激が原因となり、手に湿疹ができたり皮がむける症状を、手湿疹といいます。

水仕事の多い女性に多く症状が表れることから、「主婦湿疹」などとも呼ばれています。

 

湿疹や皮がむけるなどの症状が主ですが、ひどくなると激しいかゆみに苦しむ人もいるようです。

刺激から手を守る必要があり、水仕事もビニール手袋をつけて、なるべく水に触れないように洗い物などをする必要があります。

※ちなみに湿疹に関しましては、下記の記事に詳しく情報をまとめています。

→湿疹の様々な情報・症状・対処法まとめ

 

アレルギー

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状が原因で、手の皮がむけることも多くあります。

特に、空気の湿度の変化が大きい季節の変わり目は、元々アトピー性皮膚炎などで皮膚が敏感な人は反応しやすく、手の皮がむけやすくなると傾向があります。

 

ストレス

手の皮がむける原因として、ストレスも多く挙げられます。

Sponsored Link

ストレスにより、自分の意志ではコントロールできない自律神経が乱れることで、皮膚に十分な栄養と酸素が行き渡らず、皮がむけるなどの症状が出てしまいます。

 

特に、仕事で毎日のように強いストレスが溜まっている場合、皮膚への症状は出やすいと言われています。

私も中学生の頃、季節の変わり目の環境が変わるストレスにより、手の皮がむける症状が出ていたのかもしれません・・・。

 

白癬(はくはん)

白癬とは、皮膚糸状菌というカビによって引き起こされる、皮膚の症状です。

足の爪の水虫の症状がありますが、足だけではなく、手のひらにも発症する恐れもあるのです。

 

主な感染源は足の白癬で、爪を切る際にうつることが多く、手のひらにうつると、皮がむけたり、かゆみを感じることが多くあります。

また、白癬は片手ずつ症状が出る場合が多いので、片手に症状が目立つ場合、感染予防のためにも、早めに皮膚科を受診してください。

 

乾燥

手のひらには皮脂腺が少ないため、乾燥から守る力は強くないと言えます。

また、水仕事などの多い主婦の人は、水仕事のたびにハンドクリームを塗ることは難しいですし、より乾燥しがちです。

 

冬場は特に、乾燥で手のひらの皮むけだけでなく、ひび割れ、あかぎれなどに悩む人も多いのではないでしょうか。

乾燥が原因で、手の皮膚がむけやすくなりますので、保湿が大切になってきますね。

 

栄養バランス

栄養バランスにより、手の皮がむけやすくなることもあります。

健康な皮膚のために必要な栄養素は、

  • ビタミン
  • マグネシウム
  • 亜鉛

などのミネラルです。

 

食生活が乱れ、脂っこいものばかり食べたり、食事抜きの日が多いことで、健康な皮膚は作られにくくなります。

弱い肌が作られれば、手の皮も弱くなり、むけやすくなりますので、栄養バランスのよい食事は、皮膚のためにも大切ということが分かりますね。

 

まとめ

手の皮がむける原因は、アレルギー性のものから、外部刺激によるものまで様々あることが分かりましたね。

手の皮がむけると、お湯がしみたり、傷がつきやすくなったりと、いいことはありません・・・。

 

原因が白癬の場合は感染の恐れもありますので、怪しいと感じたら、早めの皮膚科受診での対応をおすすめします。

また足の皮もむけるようでしたら、下記記事を参考にしてみてください。

→ 足の皮がむける原因7つ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ