とびひが治らない原因と対処法3選

とびひが治らない原因と対処法3選

身体のあちこちに水ぶくれやかさぶたができる「とびひ」は、夏に多く発生し、子どもがよくかかる感染性の皮膚病です。

そんなとびひが、なかなか治らない場合はどうすればいいのでしょうか?

そこで今回は、とびひが治らない原因と対処法についてご説明していきます。

Sponsored Link

 

とびひってどんな病気?

とびひは、正式名称を「伝染性膿痂疹(のうかしん)」と言い、細菌が皮膚に入り込むことで発症する病気です。

黄色ブドウ球菌か化膿レンサ球菌が原因となって起こります。

 

これらの菌は、人の皮膚や鼻の中、喉などにいる常在菌です。

正常な肌バリア機能が働いていれば、悪さをすることはありませんが、虫刺されや汗もなどを掻いてしまったり、皮膚に傷ができていたりすると、そこに菌が入り込み、増殖します。

 

そして増殖する時に発する毒素によって、水ぶくれができるのです。

子どもの未熟な皮膚は、温かく湿った場所を好む菌が繁殖するのに絶好の温床となります。

 

そして、子どもがかゆがって患部を掻きむしると、水ぶくれがあっと言う間に周りに広がっていきます。

この様子が、次々火が飛んで火事が広がる様と似ていることから、俗に「飛び火(とびひ)」と呼ばれるのです。

 

とびひには二種類あり、水ぶくれができる水泡性のものと、膿んだ水ぶくれがかさぶたになって広がる痂皮性(かひせい)のものがあります。

水泡性は7歳以下の子どもに多く、夏によく流行します。

 

痂皮性のとびひは、季節を問わないこと、また子どもに限らず大人も発症することが特徴です。

痂皮性の場合、リンパ節が腫れたり、発熱、喉の痛みを伴うこともあります。

 

とびひの治療法は?

とびひの治療法としては、菌の増殖を抑えるために、抗菌薬を用います。

Sponsored Link

具体的には、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬でかゆみを抑えます。

また、亜鉛の配合された軟膏を患部に塗り、炎症を抑えて保護します。

 

とびひが治らない原因と対処法

とびひの治療をしているのに、なかなか治らない時には、以下のような場合が考えられます。

 

患部を掻いてしまっている

お子様であれば、痒いのを我慢できずに、つい掻いてしまうものですよね。

 

とびひの原因となる、黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌は、常在菌なので、身体のどこかに常に存在します。

なので、患部を掻いた手で身体の別の場所を触ってしまうと、菌の感染が再び起こり、症状の拡大が止まらないという症状が起こります。

 

対処法

かゆくても、絶対に掻かないよう徹底することです。

また、患部の周りの皮膚をアルコールで消毒すれば、感染の拡大を防ぐことができますよ。

 

患部の菌が減っていない

怖がって患部の対処を怠ると、とびひがいつまでも治らないことがあります。

菌の増殖が続いているからです。

なので積極的に患部から、菌の物理的な数を減らす必要があります。

 

対処法

多少痛くても、患部をよく洗浄しましょう。

その後は、軟膏を患部に塗って保護してください。

スキンケアを怠らずにやれば、数日で完治することもありますよ。

 

とびひではない別の病気

とびひと間違いやすい皮膚の症状が起こる、別の病気がいくつかあります。

  • 水いぼ
  • アトピー性皮膚炎
  • 接触性皮膚炎
  • 水ぼうそう

これらなどです。

とびひとは原因が異なりますので、当然ながらとびひの治療薬では症状が改善しません。

 

対処法

いつまでも治らない場合は、早い段階で医師に相談しましょう。

自己判断は禁物ですよ。

 

まとめ

とびひは、一度かかるとなかなか治らないこともよくある、厄介な病気です。

「とびひかな?」と思ったときには、軽く考えずに、できるだけ早く皮膚科で診てもらってくださいね。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ