トコジラミの症状7つ

トコジラミの症状7つ

人が寝ている間に襲ってくる、吸血害虫のトコジラミの被害が近年増加傾向にあります。

とにかくかゆいと言われていますが、具体的にはどのような症状が出るのでしょうか?

今回は、トコジラミの症状7つについてご紹介します。

Sponsored Link

 

トコジラミの症状

かゆみ

トコジラミに刺されると,眠れないほどの強いかゆみに襲われます。

それは吸血する際に、トコジラミの唾液が体内に入るため、そのアレルギー症状として強いかゆみが生じるからです。

 

また刺す時には、麻酔のようなものを注入して吸血するため、初めて刺された時は、数日後にかゆみが出てきます。

ただし2回目以降は、数時間後にはかゆみが出てくることもあります。

そして強いかゆみはすぐには消失せず、1週間以上続くこともあります。

 

赤い湿疹

トコジラミに刺されると、赤い湿疹が現れます。

初めて刺された場合、湿疹は2、3日後に現れることが多いです。

 

そしてかゆみと同じく、刺される回数が増えてくると、湿疹が出るまでの期間が短くなると言われています。

湿疹の大きさは、小豆大からえんどう豆大と差があります。

 

刺し口は2口と言われていますが、1口のこともあります。

その理由は、トコジラミが吸血している時に、人間が動くと刺し口を変えるためと言われています。

 

全身を何ヶ所も刺される

トコジラミに刺される箇所は、「全身どこでも何カ所でもです。

ダニやノミなどは、衣服の中に入り込んで皮膚の柔らかい部分を狙ってきますが、トコジラミは肌の露出した部分ならどこでも刺します。

 

そのため、襟元や袖口に沿って刺された跡ができたり、腕や脚や顔なども広範囲に渡って刺されます。

トコジラミは一度の吸血では満足することなく、何度も刺して吸血するため、刺し跡は直線的に並んでいたり、近接していることが多いです。

 

痛み

トコジラミの口は太いのですが、実際に刺す時は、細いノズルのようなもので麻酔を注入しながら刺すため、刺されている時には痛みを感じません。

Sponsored Link

しかし、刺された後にかゆみや湿疹が出てくると、その強烈なかゆみから無意識のうちに掻きむしってしまい、引っ掻き傷ができて、痛みを生じることがあります。

また、かゆみはあまりに強くなると、身体は痛みとして感じるようにもなります。

 

発熱、じん麻疹など

トコジラミに刺された場合、基本的に発熱することはありません。

しかし敏感な方など、個人の体質や体調によっては、リンパ節が腫れてリンパ腺炎を起こし、発熱する場合もあります。

 

また、アレルギー症状が強く出て、じん麻疹が出来ることもあります。

トコジラミは一回の吸血量が多いため、このような状態を引き起こすと言われています。

 

また、不眠症になったり、神経性の消化不良を起こしたりと、精神的な症状が出ることもあります。

 

悪臭

トコジラミは吸血を始めると、同時に肛門の分泌腺から、甘い粘り気のある悪臭を放出します。

その臭いによって仲間を呼び寄せているのです。

 

また、トコジラミ吸血量が多いため、吸血後は腹部が大きく膨れ上がり、住みかに戻れません。

そのためトコジラミは、栄養素を吸収した後の余分な水分(吸血した血液)を糞として排出したのち、住みかに戻ります。

なので、布団の周りなどの目につく場所に、黒くて粘り気のある糞があり、臭いがするのはこのためです。

 

感染症

トコジラミは吸血害虫ですが、感染症の媒介の報告はありません。

しかし、新たな感染症が発見されることもあるため、今後も大丈夫とは言えません。

 

また、吸血したトコジラミを潰したことにより血液が飛び出し、その血液がウイルスなどに感染している場合、それを介して感染してしまう危険性はゼロではありませんので、注意してくださいね。

 

まとめ

以上、トコジラミの症状7つについてご紹介しました。

症状は、強いかゆみや湿疹のほか、痛みや発熱などの症状を引き起こしたり、精神的な症状に悩まされたりと様々です。

人にとって重要で安息の時間である、睡眠を妨害されるのは非常に辛いし苦痛ですよね。

 

トコジラミ被害に合わないためにも、しっかりと予防することを心がけましょう。

また、トコジラミの駆除方法については、下記記事を参考にしてみてください。

→トコジラミの駆除方法6選

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ