土踏まずが痛い原因と対処法5選

土踏まずが痛い原因と対処法5選

歩いている時や立っている時に、土踏まずが痛むことはありませんか?

土踏まずが痛くなる原因は色々とありますので、今回は、土踏まずが痛い原因と対処法5選をご紹介してきますね。

Sponsored Link

 

土踏まずが痛い原因

運動不足

土踏まずの筋肉が弱まることで、痛みが生じる場合があります。

運動不足の人に多いケースですが、現代人に多い、土踏まずの痛みの原因と言えるでしょう。

 

運動不足の対処法

運動不足が原因で起こる土踏まずの痛みには、適度な運動が1番ですが、痛みがある時に一気に運動しては逆効果です。

痛みがある場合は無理な運動はせず、ストレッチなど軽いマッサージから行いましょう。

また、土踏まずの痛い原因が「運動不足だ!」と決めつけては危険なので、様子を見ながら症状を観察してください。

 

足底筋膜炎

土踏まずがよくつったり、立ちっぱなしの時に足裏が痛くなる、歩き出しの始めの一歩が痛む場合などは、足底筋膜炎の疑いがあります。

脚の親指を前に反らして痛みを感じたり、土踏まずを押して痛みを感じるようであれば、足底筋膜炎の可能性が高いでしょう。

 

足底筋膜炎の対処法

足底筋膜炎になった場合の対処法には、病院で診察してもらうのが1番です。

その場合、マッサージ治療や鍼灸を受けると効果的です。

 

軽度の痛みであれば、痛みを感じる動きを控えたり、履き心地のよい靴を履いたりして、様子を見てもよいでしょう。

靴にインソールを入れれば、痛みは少々改善できますが、改善しない場合は病院を受診してくださいね。

 

足底線維腫

土踏まずを触った時に、しこりのような硬い腫瘍がある場合には、足底線維腫を発症していることが多いでしょう。

Sponsored Link

足底線維腫の場合、足の裏にしこりがありますので、歩くだけで土踏まずを含む足の裏に痛みを感じます。

 

足底線維腫の対処法

足底線維腫の場合、土踏まずにしこりができていることが原因ですので、病院の受診をおすすめします。

しこりの大きさをエコーなどで検査し、初期で小さい場合なら、経過を見ていくことが多いです。

 

痛みがひどい場合やしこりが大きい場合は、切除して取り除くというケースもあります。

現在では患部にステロイド注射をして、しこりを小さくする方法もあります。

 

モートン病

自分の足に合っていない靴を履き続けることで、神経が圧迫され、土踏まずに痛みを感じる症状を「モートン病」といいます。

私も経験したことがありますが、ハイヒールなど足に負担の大きい靴を履き続けると発症しやすく、土踏まずに痛みやしびれを感じるのです。

 

モートン病の対処法

モートン病による土踏まずの痛みの対処法には、原因である靴を改善することが1番です。

靴の幅、圧迫感、素材など、自分に合う靴は人それぞれです。

 

長時間歩いても足の疲労が少ない、自分に合った靴を選ぶようにしてください。

そして土踏まずの痛みには、「冷やさない」ということも大切なので、なるべく湯船に使ってやさしくマッサージすることも効果的ですよ。

 

通風

体内に尿酸が溜まり、結晶化して関節で炎症が起きるのが通風ですが、初期症状に足の裏の痛みが挙げられます。

土踏まずがピリピリとしびれたり、痛みを感じることも多いと言われています。

 

通風の対処法

「通風が原因で土踏まずが痛い」と、自分で分かる人はまずいません。

実は通風だけでなく、足の裏には内蔵系のツボが多く存在しています。

土踏まずが痛い場合、原因には様々なことが考えられますので、気になる場合は病院を受診するのが1番です。

 

まとめ

以上、土踏まずが痛い原因と対処法を挙げてみましたが、いかがでしたか?

土踏まずの痛みの原因には、靴や運動不足などの物理的な原因から、内蔵など体内が原因のものまで様々です。

痛みは不快でひどくなると生活に支障が出てしまいますので、軽く考えず上手に対処してくださいね。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ