疲れを取る方法8選

疲れを取る方法8選

疲れを翌日に持ち越したままでは、充実した1日を過ごすことはできませんよね。

疲れをその日の取ることができれば、爽やかな気持ちで朝を迎えることができ、1日を充実させることができます。

そこで今回は、疲れを取る方法8選について、ご説明していきますね。

Sponsored Link

 

疲れを取る方法

たっぷり睡眠を取る

良質な睡眠は、疲れを取るのに重要なポイントです。

睡眠には個人差があるので、自分に最適な睡眠時間を知っておくとよいでしょう。

 

一般的には7~8時間くらいの睡眠が理想と言われていますが、短くてもぐっすり眠れていれば問題はありませんが、反対に睡眠時間が長くても、眠りが浅いと疲れを取ることはできませんので、ご注意ください。

また、15~30分程度の昼寝も、疲れた体には効果がありますよ。

 

栄養のバランスのとれた食事を摂る 

疲れを取るのに、栄養バランスのとれた食事を摂取することも基本ですね。

疲れが溜まると、タンパク質やミネラル、ビタミン類の栄養素を多く消費しますが、偏った栄養では、身体の栄養素バランスが崩れて、疲れを回復させるができません。

また、ケーキやチョコレートなど糖分を多く含んだ菓子類を摂りすぎると、高くなった血糖値を下げようとして疲労へと繋がり、逆効果です。

 

なので具体的には、、

  • 豚肉
  • うなぎ
  • まぐろ
  • 納豆
  • 海藻類

など、ビタミンB群を多く含む食品を摂取するようにしましょう。

 

クエン酸効果を利用する

クエン酸には血液をサラサラにしてくれる作用があります。

そしてクエン酸は、活性酸素によってダメージを受けた細胞を回復してくれる作用があるため、疲れにくい身体に導いてくれるのです。

 

クエン酸を代表する食べ物に「梅干し」がありますが、

  • お酢
  • レモン
  • グレープフルーツ

などにもクエン酸は含まれていますよ。

またクエン酸と一緒に、ビタミンB郡や炭水化物を摂取すると吸収も良くなり、効率的にエネルギーを得ることができます。

 

入浴する

疲れた時は、38~40度くらいのぬるめのお湯に入浴すると効果があります。

ぬるめのお湯は、副交感神経に作用して血行を促進し、身体をリラックスさせてくれます。

血行が促進されると栄養素が全身に運ばれ、代謝が良くなり疲労物質が排出されるため、疲労を回復してくれますよ。

 

また、食後すぐの入浴は避け、入浴時間は15~30分程度にします。

また心地よい眠りにつくため、入浴後は1時間以内に眠るようにすると深い眠りを得られ、疲労回復に役立ちますよ。

 

適度な運動やストレッチをする

疲労が溜まると、筋肉が緊張して血行も悪くなります。

そこで、適度な運動やストレッチをすると、筋肉のコリをほぐして血行を促進してくれ、疲労回復に効果がありますよ。

なので、眠る前にヨガやストレッチで身体をリラックスさせてあげましょう。

 

またウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動は血液の循環を良くしてくれ、筋力も維持されるので疲れにくい身体に導いてくれます。

Sponsored Link

散歩なども気分もリフレッシュできますので、ストレス解消にも役立ちますね。

 

アロマを焚いてリラックスする

肉体的だけではなく、精神的に落ち込んだりすると脳も疲労してきます。

さらに脳が疲れると、身体も疲れてきますね。

そんな時、アロマの香りは脳のホルモン分泌に働きかけて促進させ、血流を促してくれますので、疲労回復に効果があります。

 

ちなみに、疲労回復に効果のあるアロマオイルは

などですね。

 

サプリメントを利用する

疲労回復には、サプリメントを利用して疲れを取る方法もあります。

以下に挙げたサプリメントは疲労回復に役立ちますよ。

 

水分をしっかり取る

人間の身体のほとんどは水分で占めています。

そして血中の水分が不足すると、血液の循環が悪くなり、身体のすみずみまで栄養がいき渡らなくなります。

なので水分を摂取することにより、血液の流れが良くなり、酸素や栄養などがスムーズに運ばれるようになります。

 

具体的には、水は1日で1.5~2リットルを目安に摂取するとよいでしょう。

一気にたくさんの水を飲むのではなく、少量を数回に分けて飲むのがポイントですよ。

 

まとめ

疲労回復に役立つ方法についてまとめました。

疲れがたまったときは以上のようなことを実践して疲労回復に努めましょう。

 

また疲れが蓄積されないように普段から規則正しい生活をするようにして下さいね。

そして、疲れとともに鼻血や眠気がある場合は、下記の記事も参考にしてみてください。

→ 疲れと鼻血の関連性と対処法3選

→ 疲れと眠気の関連性と対処法5選

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ