突き指に湿布は有効なの?

突き指に湿布は有効なの?

突き指すると、地味に痛いですよね・・・。

そんな突き指に、湿布は有効なのでしょうか?

今回は、そのことについて解説していきます。

Sponsored Link

 

突き指の応急処置に、湿布は向いていない

突き指をした場合の冷却方法としては、氷水や冷水が入ったビニールや、アイスノンを当てたりする方法が一般的です。

私は小さい頃よく突き指をした時、湿布を貼ってもらった記憶がありますが、実は湿布は、冷却効果が氷や冷水に比べると弱く、突き指の応急処置は向いていません

※参考記事:突き指の治療法2+3選

 

湿布のメントールに高い冷却効果はない

湿布を貼ると、すーっと冷たい感覚がありますよね。

確かに湿布を貼ると冷たい感覚がありますし、実際に気持ちがよいものです。

 

しかし、湿布によるすーっとする感覚は、メントールという成分によるもので、実際の冷却効果は多く得られません

なので、突き指の応急処置として考えるのであれば、湿布ではなく、氷水やアイスノンの方が効果的です。

 

痛みの緩和には湿布は有効

湿布によって、突き指の治りを早める効果は望めませんが、突き指の痛みを緩和する効果はあります

湿布の冷たい感覚は痛みを感じにくくさせてくれますし、鎮静作用が含まれる「ボルタレン」などの市販の湿布もあります。

 

しかし、鎮静作用のある湿布も、症状そのものを治す効果はありません。

あくまで「痛みの緩和」として考えましょう。

また、鎮静作用のある湿布は、妊婦さんにはよくありませんので、使用を控えてくださいね。

 

鎮静作用のある、突き指におすすめの湿布

薬局で買える鎮静作用のある湿布として、抗炎症・鎮痛効果のあるフェルビナクを配合した「フェイタス」や、先ほどもご紹介した、痛みをやわらげるジクロフェナクナトリウム配合の「ボルタレン」があります。

Sponsored Link

どちらも突き指の痛みを抑える効果があり、市販薬なので簡単に手に入ります。

 

湿布の効果的な貼り方

突き指の患部に湿布を貼ろうとしても、指先のような小さな箇所には、なかなかうまく貼れないこともありますよね。

特に関節部分は動きが多いので、すぐにはがれてしまうことも多いでしょう。

そこで次に、湿布の効果的な貼り方をご説明させていただきますね。

 

湿布を適当な大きさにカットする

指先の大きさに合わせて、貼りやすい大きさになるよう、はさみで湿布を切りましょう。

 

カットした湿布を貼る

突き指した箇所にカットした湿布を貼り、指に巻き付けるようにぐるぐる巻いてください

 

テープで固定する

湿布を貼った上から、サージカルテープなどを上から貼り、固定しましょう。

この場合、強く巻き過ぎてしまうと、血液の循環を妨げる可能性がありますので、湿布がはがれない程度の強さにしてください。

上手に湿布を貼って、辛い痛みを少しでも緩和できるようにしましょうね。

 

長時間湿布を貼り続けると、かぶれの原因になる

突き指部分に湿布を貼ると、痛みが緩和されて気持ちよいので、ついつい長時間貼りっぱなしにしてしまうことも多いですよね。

ただし、いくら突き指が痛いからと言って、数日間貼り続けたままの状態では、肌荒れやかぶれの原因になります。

貼っている箇所の肌の様子に気をつけながら、湿布を使うようにしましょう。

 

ひどい痛みの場合は整形外科を受診

突き指をしてしまい、明らかに、

  • 指が変形している
  • 関節を動かすと激痛を感じる
  • ぱんぱんに腫れている
  • 痛みがいつまでも消えない

などの症状があった場合は、整形外科を受診してください。

 

その場合、突き指ではなく、骨折や靭帯にまで影響が出ている怪我かもしれませんので、早めの対処が必要です。

指が変形したまま、くっついてしまうこともありますので、注意してくださいね。

 

まとめ

突き指をしてしまったら、まずは冷水や氷などで冷やし、痛みが強い場合は鎮痛効果の湿布を貼ってもよいでしょう。

湿布には、突き指を治すことはできませんが、痛みを緩和する効果はあります。

 

あまりにも痛みがひどい場合は、整形外科を受診してくださいね。

また、その他「突き指」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→突き指に関する様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ