爪にできた血豆の対処法4選

爪にできた血豆の対処法4選

ドアに指を挟んだり、どこかに強くぶつけたりして、爪に血豆ができることってありますよね。

そこで今回は、爪にできた血豆の対処法4選についてご説明していきます。

Sponsored Link

 

血豆はなぜできる?

血豆の原因は、内出血です。

通常は衝撃により出血することで、皮膚の外側に血液が出ることが多いですが、爪に衝撃があった場合は、爪を破って血が出ることは滅多にありません。

 

そのため、爪の中での内出血となり、赤黒い血豆ができてしまうのです。

血豆は痛いですし、爪に血豆ができた場合、見た目にも悪くて気になりますよね・・・。

 

爪にできた血豆の対処法

冷やす(アイシング)

血豆ができた場合、爪に限らず冷やすことは大切です。

打撲などでも、直後には応急処置として患部を冷やすことが一般的ですが、血豆も同じく、患部の炎症を抑えるために、保冷剤や濡らしたタオルなどで冷やしましょう。

冷やすことで、痛みも引きやすくなりますよ。

 

小さな血豆の場合、爪が伸びるのを待つ

爪に小さな血豆ができた場合、爪を剥がして血豆を治療するわけにも行きませんので、爪が伸びて自然と血豆がなくなるのを待つことをおすすめします。

私も今、子供におもちゃを落とされた影響で、3ヶ月ほど前から足の爪に血豆ができているのですが、爪が伸びても血豆はなかなか外に出てこないんですよね・・・。

しかし足の爪なのでそこまで目立ちませんし、気長に待とうとは思っていますが、早く消したい人にはストレスかもしれませんね・・・。

 

小さな血豆はいじらない

爪の血豆は、どうしても目に入るといじりたくなってしまうかもしれませんが、小さな血豆の場合は、いじらずに放置が1番の対処法です。

人間には自然治癒力が備わっていますので、血豆は放っておけばいつかは治ります。

逆に爪をいじったり、無理やり切ろうとすると、爪が剥がれてしまう恐れもありますので、なるべくいじらないようにしてくださいね。

 

大きな血豆は血を抜く

先ほどとは逆で、指を強く打ったケガにより、血豆が大きく、爪の3分の1を占めるようであれば、血を抜いた方がよい場合が多いです。

Sponsored Link

特に、痛みを強く感じる時は、血を抜くようにしましょう。

「爪の血豆を抜くと聞いても、どうやって?」と、思う人が多いと思いますので、爪の血豆の抜き方を説明していきます。

 

爪の血豆の血の抜き方

血の抜き方としては、熱して消毒したゼムクリップなどで、爪の血豆部分に慎重に穴を開け、穴が開いたら軽く押し、血を抜きます

血が抜けたら、消毒したガーゼを当て、テープでしっかり圧迫しましょう。

絆創膏よりも、ガーゼとテープで圧迫する方がよいです。

私は爪に穴を開けたことはないので、この対処法を知った時、「怖くて自分には無理だろうな」と感じました・・・。

 

血を抜くか抜かないかの判断は、痛みを感じるかどうか

「小さな血豆は放置」「大きな血豆は血を抜く」と、爪の血豆の適した対処法は、爪の状態によって変わります。

分かりにくい場合は、「痛みを感じるかどうか」で判断してください。

 

大きな血豆の場合、ひどい痛みを感じることが多いです。

爪の中での出血により、患部が圧迫されていることで痛みが増します。

それに対して、小さな血豆で特に痛みを感じない場合は、何もせず爪の成長を待ちましょう。

 

分からない時は病院へ

爪の血豆の血を抜くことは、先ほどお話した通り、自分でできることですが、爪に穴を開けるのって怖いですよね。

「痛みもそこまでひどくないけど、血豆は大きいし・・・」など判断に迷う人は、病院へ行き、適切な処置をしてもらうことが安心ですよ。

 

血豆部分は、衛生面に注意

爪の血豆部分は、放置する場合も処置した後も、清潔に保ってください

幹部から細菌が入れば、腫れがひどくなったり、新たな炎症を起こす危険もあります。

消毒をこまめに行い、衛生面には十分注意をしてくださいね。

 

まとめ

爪の血豆の対処法についてご説明してきましたが、いかがでしょうか?

強い衝撃を受けると、硬い爪でも血豆になることは多いので、自分で対処するのが難しい場合や痛みがひどい場合、応急処置後は早めに病院へ行きましょうね。

 

また、その他「爪」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますのでチェックしてみてくださいね。

→爪に関する様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ