チャドクガの駆除方法6選

チャドクガの駆除方法6選

触ると、強い皮膚炎を起こすといわれているチャドクガ。

大量発生すると見た目も嫌ですし、毒針毛の被害に遭うのも嫌ですよね・・・。

今回はそんな厄介な虫、チャドクガの駆除方法6選をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

チャドクガの駆除方法

葉っぱごと切り取る

チャドクガは発生しやすい樹木には、

  • ツバキ
  • サザンカ
  • ヒメシャラ
  • ジューンベリー

などがあります。

 

お茶の仲間の木を好み、庭によく植えてある木の種類ですよね。

葉っぱに発生してしまったら、まずは葉っぱごと、切り取ってしまいましょう

 

その際は、チャドクガに触れなうように、ビニール手袋などで手を覆ってくださいね。

冬場は卵が葉っぱの裏によくついていますので、見つけたら葉っぱを切り取り、ゴミ袋に入れて処分するようににしてください。

 

スプレー殺虫剤をまく

チャドクガのような毛虫の発生で、一番に思いつくのがスプレー殺虫剤なのではないでしょうか。

チャドクガの発生が一部または小規模であれば、市販の毛虫用の殺虫スプレーで十分駆除できます。

 

ただしスプレー噴射時に、チャドクガの毛が飛散する場合がありますので、肌を出した服装は避け、風向きなどにも注意して噴霧してください。

死んで地面に落ちたチャドクガにも絶対に触れないようにし、できれば袋などに入れて処分しましょう。

 

また、小さい子どもがいる付近では、スプレーはしないように注意してくださいね。

 

チャドクガ毒針毛固着剤を使用する

殺虫成分の含まれていない、チャドクガ毒針毛固着剤というものもあります。

これは、チャドクガが持つ毒針毛を、固めて飛散を防ぐ目的のもので、固着材によって幼虫が動けなくなり、毒針毛の被害を抑えることができます。

Sponsored Link

 

殺虫成分は入っていませんが、動けなくなってしまうため、そのままチャドクガは死にますので、その後は手袋をして、適当なビニール袋に入れ、処分してください。

動けなくなってしまいそのまま死ぬなんて、可哀想な気もしますが、毒針毛の飛散を防げるので安全な方法と言えますよ。

 

焼いて駆除する

チャドクガの毒針毛は、死んでからも触れてはいけないため、始めから焼いて駆除してしまう方法もあります。

卵や幼虫を見つけた葉っぱを切って、そのまま焼いてしまえば毒針毛も焼けてなくなります。

ただ、ご近所の状況で火を使えるような場所がない場合には、庭で燃やすことはおすすめできません。

 

業者に依頼する

「チャドクガなんて見たくもない!」という人は、始めから業者さんに依頼するとよいでしょう。

業者さんや、チャドクガの発生規模によって料金は幅がありますが、1~5万円ほどでやってくれる業者さんが多いようです。

 

自治体によっては、駆除業者を紹介してくれることもありますので、お住まいの自治体で調べてみてもよいでしょう。

ちなみに、私がチャドクに遭遇したとしたら、迷わずこの方法を選びます(笑)

 

鳥を利用する

チャドクガの天敵にがいます。

  • カッコウ
  • ホトトギス
  • コゲラ

などの鳥が、チャドクガを食べるといわれています。

 

なので、日頃から毛虫がたかっていることが鳥からよく見えるように、こまめに剪定しておきましょう。

運が良ければ、自然と鳥が庭のチャドクガを食べて駆除してくれるかもしれません。

 

しかし、鳥もチャドクガが主食なわけではないので、あまり期待はできませんし、即効性はありませんね・・・。

 

まとめ

皮膚炎などを引き起こす、毒針毛を持つ恐ろしい毛虫、チャドクガの駆除方法を6つご紹介しましたが、いかがでしょうか?

殺虫スプレーなどで簡単に殺すことはできますが、何はともあれ、厄介なのが毒針毛です。

 

駆除した後も、死骸の毒針毛には十分注意し、絶対に触れないようにしてくださいね。

また、日頃からチャドクガの発生を防ぐよう、樹木の剪定はこまめに行いましょう。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ