うなぎのカロリーはどれくらい?調理別7選

うなぎのカロリーはどれくらい?調理別7選

栄養満点で、体力回復にも効果的なうなぎですが、おいしいのでつい食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。

そんな時に便利なように、今回はうなぎのカロリーを7つ調理別にまとめてみました。

Sponsored Link

 

うなぎのカロリー(調理別)

うな重

うなぎ料理として1番メジャーなものはやはり「うな重」ではないでしょうか?

土用の丑の日には、うなぎ屋さんが大繁盛、スーパーでもうなぎの蒲焼きがたくさん売れますよね。

 

重箱にご飯を盛り、タレをかけてうなぎの蒲焼きをのせてある、というシンプルなメニューですが、飽きずに最後まで美味しくいただけます。

気になるカロリーはというと、並のうな重で、688kcal(100グラム195kcal)と、結構高めです。

 

うなぎの蒲焼き

蒲焼きは、うな重のご飯がないパターンです。

うなぎの蒲焼き一切れは、だいたい150グラム前後で、440kcal(100グラム293kcal)と、高めです。

うなぎの蒲焼きが好きな人は、一切れくらいぺろっと食べられますので、うなぎの蒲焼きだけ延々と食べていれば、摂取カロリーはあっという間に上がってしまいますね。

 

ひつまぶし

ひつまぶしは名古屋名物として有名ですね。

うなぎの蒲焼きを細かく刻んで、ご飯に混ぜ合わせた食べ物です。

 

一杯目はそのまま食べ、二杯目は薬味を入れて食べ、三杯目はお茶漬けにして食べるのが一般的です。

ご飯の量によってカロリーも左右されますが、一人前はだいたい633kcal(100グラム118kcal)です。

 

きも焼き

お酒を飲む人にとって、たまらないうなぎのおつまみが、うなぎのきも焼きです。

Sponsored Link

うなぎのきも焼きは、1本約30グラムで40kcal(100グラム120kcal)となります。

タレの濃さによって、10~30kcalの誤差は出るでしょう。

 

うなぎ白焼き

うなぎの白焼きは、簡単に言えば蒲焼きのタレがついていないバージョンです。

蒲焼きの甘いタレが苦手な人は、うなぎを白焼きで食べますが、作り方は、開いたうなぎを串刺しにし、火で炙ります。

 

わさび醤油などがよく合い、お酒によく合います。

個人的には、日本酒との相性が抜群だと思います(笑)

一切れ150グラムほどで、497kcal(100グラム331kcal)と、タレがついていない状態でもカロリーはやや高めですね。

 

うなぎの酢の物(うざく)

うなぎ料理店では、「うざく」というす酢の物をよく目にします。

キュウリやミョウガ、ショウガなどをうなぎの蒲焼きに和えた酢の物です。

野菜とお酢で合えるだけの簡単なメニューですので、他のうなぎ料理と比べるとカロリーは低く、小皿一皿で132kcal(100グラム116kcal)となります。

 

うまき

うまきとは、うなぎの蒲焼きを卵で焼いて包んだ料理です。

卵焼きの中にうなぎの蒲焼きは入っているイメージですね。

たいだい卵一個分は100グラムほどなのですが、卵一個分のうまきで214kcalです。

 

うなぎ1尾のカロリーは?

参考までに、1尾の食べられる部分のカロリーを調べると、574kcal(100グラム255kcal)です。

うなぎと似た魚の、あなご1尾の食べられる部分のカロリーは365kcal(100グラム161kcal)ですので、だいぶカロリーが高いことが分かりますね。

 

まとめ

うなぎのカロリーを、調理別にまとめてみました。

うなぎは脂肪分もたくさん含まれていますし、それほどヘルシーな魚ではないことはご存知の方が多いでしょうが、実際数字でカロリーを目にすると、驚いてしまう人も多いのではないでしょうか。

カロリーを気にせずがっつり食べるのが、1番美味しい食べ方だと思いますが、カロリーが気になる人は、目安にしてみてくださいね。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ