やけどで水ぶくれができた場合の対処法5選

やけどで水ぶくれができた場合の対処法5選

うっかり熱い鉄板を触ってしまったり、アイロンに触ってしまったりして、やけどをして水ぶくれになることって多いですよね。

そんな場合は、どう対処すればいいのでしょうか?

そこで今回は、やけどの水ぶくれができた場合の対処法を5選を、ご紹介していきます。

Sponsored Link

 

やけどの種類

まず、軽度のやけどでは、水ぶくれはできません。

やけどの重症度別に分類すると、Ⅰ度熱傷、Ⅱ度熱傷、Ⅲ度熱傷に分けられますが、水ぶくれは「Ⅱ度熱傷」に分類されます。

 

そしてⅡ度熱傷も重度により、「浅達性」と「深達性」に分かれます。

私は小さい頃、自分でポットの熱湯を足首にかけるという事件を起こし、今も足首にはケロイド状のやけどの跡が残っているのですが、これはⅡ度熱傷の深達性に当たります。

そこで今回は、水ぶくれができるやけどである、「Ⅱ度熱傷」の対処法を詳しく説明していきます。

 

水ぶくれができるやけど(Ⅱ度熱傷)の対処法

冷やす

まず第一に、やけどをしたらすぐに冷やしましょう

水ぶくれができていなくても、水道水など流水でしばらく冷やしてください。

 

時間の目安は10~30分程度、流水がない場合はバケツに入れた水に患部を浸してもOKです。

とにかく早く、やけどをした患部を冷やすことが大切です。

 

水ぶくれを保護する

やけどの水ぶくれ部分は、とても弱く、細菌に感染しやすい状態になっています。

なので応急処置として、冷やした後は、患部を清潔なガーゼや布で覆い、保護してください。

 

やけどの水ぶれはなるべく潰さない

やけどによる水ぶくれは、潰してしまうと、その部分から細菌感染の恐れがありますので、故意に潰したりしないでください

やけどでできた水ぶくれは、患部を保護する役割を担っています。

 

また皮が薄いため、破れてしまった場合も、患部に残った薄い皮ははがさないよう、上からガーゼで覆いましょう。

Sponsored Link

※参考記事: 水ぶくれを潰すか潰さないかの判断基準

 

水ぶくれが潰れてしまっても、極力刺激をしない

やけどでできた水ぶくれが、皮膚の浅いところにできた場合は、注意しても潰れてしまうことがあります。

潰れてしまった場合は、さらに細菌の感染の危険が大きくなりますので、清潔なガーゼや布で保護し、刺激をしないようにしましょう。

 

病院へ行く

水ぶくれができるほどのやけどをした場合、上記の応急処置が済んだら、病院を受診しましょう。

揚げ油が跳ねた程度の、数ミリほどの小さな水ぶくれでしたら問題ないかもしれませんが、痛みがひどい場合や、水ぶくれの面積が大きい場合は、すぐに病院を受診してください。

やけどによる水ぶくれで受診するのは、皮膚科、形成外科がよいでしょう。

 

やけどで水ぶくれができても、適切な処置を行えば跡になりにくい

ちょっとしたやけどは日常茶飯事で、特に家事で熱を使う機会の多い人や、厨房で働く人には珍しい怪我ではありませんよね。

やけどをし、少しくらい水ぶくれになっても、自然治癒で治ることは確かです。

 

しかし、水ぶくれができるほどのやけどをした場合は、なるべく病院を受診してください。

素人の見た目だけではなかなか、やけどの深さまでは判断できにくいですし、初期の段階で適切な処置を行えば、跡にもなりにくいですよ。

 

500円玉大以上の水ぶくれができた場合、すぐに病院へ

水ぶくれの大きさにより、すぐに病院に行くか悩む人も多いでしょう。

どんなやけどの症状でも、病院に行くことに越したことはないのですが、目安として、500円玉の大きさ以上の水ぶくれができた場合は、必ず病院を受診してください。

 

自己流の処置はNG

「やけどの水ぶくれにはアロエがよい」「市販の塗り薬をとりあえず塗る」などの、自己流での応急処置はしないようにしてください

確かに水ぶくれに効果的な民間療法もありますが、やけどの症状は重症度により、逆効果になる処置もあります。

対処法に困った場合は、迷わず皮膚科、形成外科を受診するとよいでしょう。

 

まとめ

やけどで水ぶくれができた場合、「冷やして、患部を守って、病院に行くこと」をまず頭に入れておきましょう。

大きな水ぶくれができた場合は特に、早めに病院を受診することで、跡も残りにくくなりますよ。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ