やけどに湿布は効果がない理由と対処法3選

やけどに湿布は効果がない理由と対処法

熱い鉄板にうっかり触れてしまったり、熱湯がこぼれてしまったりして、やけどをしてしまうことがありますが、やけどは重症度というものがあり、自然に治る軽いものもあれば、病院の受診が必要なものもあります。

そしてどんなやけどでも、応急処置としてしっかり冷やすことが大切なのですが、湿布は残念ながら効果がありません。

そこで今回は、やけどに湿布は効果がない理由と対処法3選について解説していきます。

Sponsored Link

 

やけどについて

「やけど」というのは、火や熱湯・熱した油や化学薬品などの熱が皮膚に触れてしまうことにより起こる損傷のことを言います。

私たちは「やけど」と言いますが、医学的には「熱傷」と呼ばれていて、熱により損傷した皮膚の深さにより、I度・Ⅱ度・Ⅲ度(いちど・にど・さんど、と読みます)と重症度がつけられます。

 

皮膚というのは人体最大の臓器であるといわれていて、身体を守ったり体温を調節したりする大切な役割があり、大きく3層に分けられています。

具体的には、一番上の層である皮膚の表面を「表皮」、その下の真ん中の層を「真皮」、そしてその下に「皮下組織」があります。

 

I度のやけど

I度のやけどは、皮膚の一番外側である表皮が損傷してしまった状態です。

表皮部分をやけどすると、炎症を起こして赤くなり、ヒリヒリした痛みを伴います。

しかし痛みは長くは続かず、翌日には消えている程度で、患部に多少の色素沈着が起こる可能性もありますが、だいたいは3~4日程で完治していきます。

 

Ⅱ度のやけど

Ⅱ度のやけどは、表皮の次の層である真皮にまでやけどによる損傷が及んでしまっている状態です。

そしてⅡ度のやけどでは、皮膚がはがれたり、赤く腫れたり、さらに水疱ができるという症状があります。

 

また、真皮の浅い部分までの損傷のものを「浅達性Ⅱ度」、深いところまで損傷してしまっている状態を「深達性Ⅱ度」と呼びます。

浅達性Ⅱ度は、正しい応急処置をして、病院でしっかり治療をすることができれば2~3週間程度で治りますが、深達性Ⅱ度の場合は4~5週間程度かかることもあり、場合によっては皮膚を移植する「植皮術」を受けなければ治らないこともあります。

 

Ⅲ度のやけど

Ⅲ度のやけどは皮膚の外側から、皮膚全層である表皮、真皮、皮膚組織すべてを損傷してしまった状態で、かなり重症度の高いやけどになります。

痛みを感じる神経まで損傷してしまうため、痛みを感じないこともあり、皮膚が壊死してやけどの跡が残り、ただれたようなケロイド状の跡が残ってしまいます。

また組織を損傷してしまうので、体を動かしにくくなったりする機能障害が起こることもあるため、必ず速やかに病院を受診しましょう。

Sponsored Link

 

やけどに湿布は効果なし!

やけどしてしまった場合には、すぐに応急処置をしなければなりません。

そしてやけどしてしまった時は、患部の悪化を防いだり痛みを和らげるために、まずは冷やすことが大切です。

 

この「冷やす目的」のために、やけどに「湿布」を貼ってしまおうと思うかもしれません。

湿布の冷感で少し痛みが和らいだりすることもありますが、実はやけどに湿布を貼るのは、効果がないどころか悪化の原因になってしまいます

 

というのは、湿布はやけどをした肌に張り付いてしまい、剥がす時に皮膚も一緒に剥がれてしまったり、水ぶくれができて潰れてしまうことがあります。

そうなるとやけどが悪化してしまい、治りが悪くなったり、跡が残ってしまう原因にもなります。

なので、やけどには湿布を貼らないようにしましょう。

 

やけどした時の対処法

冷やす

やけどをしたら、まず冷やします

服の上からやけどを負った場合、服を脱いでから冷やそうとしてしまいがちですが、やけどした皮膚が服にくっついてしまっていることがあるので、服を脱ぐと一緒にやけどした皮膚が剥がれてしまう場合があります。

なので冷やす時は服の上から、水道やシャワーの水をあて続けて、冷やすようにしましょう。

 

病院を受診

やけどは痛みがないからといって軽度というわけではなく、神経まで損傷していて、重症になってしまっている場合もあります。

自己判断で放置してしまうと、跡が残ってしまうのはもちろん、皮膚が突っ張って動かしにくくなったりなど、機能障害が起こる可能性があります。

なのでやけどをした場合は応急処置した後、できれば何も塗ったり貼ったりせずに、すぐに病院を受診しましょう。

 

湿潤療法

やけどの範囲が狭く、お湯などで少しやけどをしてヒリヒリするくらいの軽度のものであれば、冷やして応急処置したあと、湿潤療法で様子を見てみるのもひとつの方法ではあります。

湿潤療法とは患部を乾燥させないように、湿らせた状態で傷を治す治療法のことです。

具体的な方法は下記の通りです。

  1. やけどをした患部を流水で5分~10分程度冷やします。
  2. ワセリンまたはオリーブオイルなどを塗り、ラップなどで傷口を覆います。

 

やけどは乾燥させてしまうと、ガーゼを交換する時などに一緒に皮膚が剥がれてしまって、なかなか治らなかったり、跡が残る原因になりますので、気を付けてください。

そして前述した通り、やけどの場合は湿潤療法などの自己対応をするよりは、やはり病院を受診することをオススメします

 

まとめ

少しのやけどでも、ヒリヒリしてとても痛いですよね。

やけどに湿布を貼ってしまおうと思う人は意外に多いと思いますが、それは絶対にやめましょう。

そしてやけどは、軽度だと思っていても悪化していく場合があります。

なので応急処置した後は、できるだけ早く病院を受診するようにしてください。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ