溶連菌感染症の原因

溶連菌感染症の原因について解説!

お子様がいらっしゃる方であれば、一度は耳にしたことのある溶連菌感染症。

インフルエンザ流行る時期でも、病院にかかると溶連菌感染症と診断されることもありますよね。

では今回は、溶連菌感染症の原因について解説していきます。

Sponsored Link

 

溶連菌感染症の症状とは?

症状の始まりは38~39度の熱と喉の痛み嘔吐などから始まります。

風邪の症状と似ていますが、溶連菌は細菌が原因で、普通の風邪はウイルスによるものです。

発熱後、赤く細かい発しんが体や手足に現れたり(かゆみが伴うことも)、舌にブツブツが発生し(イチゴ舌)、熱が下がると手足の皮膚がむけることもあります

 

もちろん感染した全ての人が、この症状が当てはまるとは限りません。

溶連菌感染症の症状について詳しくは、下記を参考にしてみてください。

→溶連菌感染症の大人の症状と治療法

 

溶連菌とは何か?

溶連菌とは、正式には「溶血性連鎖球菌」という細菌です。

普段から人の体内にも存在する病原性の極めて弱いものから、劇症型と呼ばれる病原性の極めて強いものまで、数十種類が存在しています。

 

このうち人が感染する溶連菌感染症の90%は、A群β溶血性連鎖球菌と呼ばれる溶連菌によるものです。

この長い名前を略して溶連菌と読んでいます。

 

溶連菌感染症の原因は何か?

先ほどもお伝えしたようにウイルスではなく溶連菌は細菌で、その病原菌がのどなどに感染することによって発症します。

元々溶連菌を保菌していた可能性もありますし、人から感染する可能性もあります。

溶連菌そのものは決して怖い菌ではありません。

 

主な感染経路は2つあります。

  • 溶連菌に感染した人の咳やくしゃみなどで飛んだ唾液による飛沫感染
  • 手についた細菌が口から体内に入る経口感染

 

まれにある感染経路

傷の上で溶連菌が増えると、とびひを作ることがあります。

Sponsored Link

そのとびひの溶連菌の皮膚感染となると、接触感染で広がります。

 

また、まれではありますが、溶連菌に汚染された食品による集団感染で広がることもあります。

怖い菌ではありませんが、感染しやすい病気だということが分かりますね。

 

感染の広がり方

保育園や幼稚園、学校など集団生活をしている子供から子供へと感染していく事が多いので、潜伏期間(1~7日)で知らぬ間にかかっているということが多いです。

子供だけでなく家族間の感染もあります。

 

お子さんがかかるイメージの病気ですが、免疫力の落ちている大人にも感染することもあります。

大人は睡眠不足が続いていたり、疲れが溜まってえいるときには要注意です。

 

溶連菌感染症の流行る時期は?

溶連菌が流行する季節は大きく2シーズンです。

一番は、そして次に春から夏にかけてです。

主に冬は喉に、春から夏にかけては皮膚に重い症状が出やすいといわれています。

 

溶連菌を保有していても大丈夫?

先ほどもお伝えした通り、この細菌そのものは危ない菌ではありません

なので、溶連菌を持っていること自体は身体に悪いことではないのです。

 

保菌者でも、元気よく普段の生活をしているのであれば何の問題もありません。

だからと言って、お子様やご自身の症状が重い場合には合併症につながる可能性もあるので、自己判断せず、必ず医師の診断を仰いで下さいね。

 

溶連菌感染症からの合併症

溶連菌は合併症を引き起こしやすい細菌です。

咽頭炎、扁桃炎、中耳炎、副鼻腔炎、とびひなど、風邪の症状にもとれる症状から肺炎、腎炎などの重度のものまで幅広いです。

なので、常日頃からお子さんの状態を把握しておくのが大きな判断基準になりますよね。

 

まとめ

溶連菌感染症と聞くと凄く怖い病気に聞こえますが、中身をしっかり理解していれば、慌てなくてよい病気だということが分かります。

いざ感染したら、慌てずしっかりお子様の様子を見て対応してあげてくださいね。

また、その他「溶連菌感染症」の様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→溶連菌感染症の様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ