妊婦が溶連菌感染症に感染した場合の症状は?赤ちゃんの症状や防止法・治療法

溶連菌感染症に妊婦が感染した時の対処法!

妊婦は様々な病気に気をつけなければなりませんが、溶連菌感染症ももちろんそうです。

溶連菌感染症は子供が感染する病気というイメージがありますが、妊婦の感染も要注意なのです。

そこで今回は、妊婦が溶連菌感染症に感染した場合の症状や赤ちゃんの症状、また防止法や治療法について解説していきます。

Sponsored Link

 

溶連菌の種類

溶連菌は「溶血性連鎖球菌」という名称の細菌で、A群、B群、C群という形で分類されます。

ちなみに子供が感染する溶連菌感染症は、ほぼA群溶血性連鎖球菌が原因です。

関連記事:溶連菌感染症の原因は?なぜ子供がかかりやすいの?自宅でできる予防方法

 

そして、妊婦さんが注意するべきなのは、B群溶血性連鎖球菌による溶連菌感染症です。

B群溶血性連鎖球菌は女性の場合、腟や肛門周囲にいる常在菌で、普段は悪影響がないことが多いです。

しかし妊娠後期に感染してしまうと、産道を通る時に赤ちゃんにも、B群溶血性連鎖球菌が感染してしまうことがあるのです。

 

妊婦がB群溶血性連鎖球菌に感染した場合の症状

妊婦さんがB群溶血性連鎖球菌に感染すると、絨毛膜羊膜炎(じゅうもうまくようまくえん)を引き起こす可能性があります。

ちなみに絨毛膜羊膜炎は、発症しても症状が出ないことがほとんどで、自覚のないまま自然治癒してしまうことが多いです。

また、そもそも何も症状が現れない場合もあります。

 

B群溶血性連鎖球菌に感染した場合の赤ちゃんの症状

もし妊婦さんが、B群溶血性連鎖球菌に感染したことに気づかないまま出産すると、赤ちゃんがB群溶血性連鎖球菌に感染してしまうことがあります。

赤ちゃんのB群溶血性連鎖球菌への感染は「新生児GBS感染症」といいますが、新生児GBS感染症により、

  • 呼吸困難
  • 髄膜炎
  • 肺炎

このような病気の危険性や、最悪命にかかわることもあります。

Sponsored Link

 

妊婦が溶連菌感染症を防止するには?

妊婦さんが溶連菌感染症を防止するには、免疫力を低下させないことを意識してください。

先ほどお話しした通り、溶連菌は体内にいる常在菌で、普段は悪影響がないことが多いです。

 

しかし、妊婦さんは免疫力が低下しやすいので、細菌感染しやすくなってしまいます。

なので、妊婦さんは

  • 十分な睡眠
  • バランスの良い食事
  • ストレスを抱えない

これらをしっかり意識するようにしてください。

 

また、自分の子供が溶連菌感染症に感染している場合、それが妊娠さんにもうつってしまう可能性があります。

そこで感染を防止するために、

  • 子供と同じタオルは使わない
  • 子供の食べかけ・飲みかけのものには手をつけない

これらにも気をつけるようにしてください。

関連記事:溶連菌感染症の潜伏期間は何日間?感染しやすい期間や症状が続く期間についても解説

関連記事:溶連菌感染症に大人が感染した場合の症状と治療法 再発の危険性や仕事の復帰のタイミングは?

 

妊婦が溶連菌感染症に感染した場合の治療法

妊婦が溶連菌感染症に感染した場合、妊娠初期や中期であれば、治療しても再感染の恐れがありますので、基本的には何もせずに経過を見ていきます

そして、妊娠後期に再び検査を受けて陽性であった場合は、分娩時に抗生物質を点滴注射することになります。

かなり不安になるかもしれませんが、お医者さんの言う通り治療していけば、そこまで怖い病気ではないので、落ち着いてくださいね。

 

まとめ

妊婦で溶連菌感染症に感染しても、正しい対応をしていけば、問題ないことがほとんどです。

なのでお医者さんの指示に従って、焦ることなく対応していきましょうね。

以上、妊婦が溶連菌感染症に感染した場合の症状は?赤ちゃんの症状や防止法・治療法でした。

 

また、その他「溶連菌感染症」の様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→溶連菌感染症の様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ