溶連菌感染症に妊婦が感染した時の対処法

溶連菌感染症に妊婦が感染した時の対処法!

妊婦さんはお腹の赤ちゃんに栄養を与えることで、自身の免疫力が落ちています。

そのため、溶連菌感染症にかかりやすく重篤化することがあるのです。

そこで今回は、溶連菌感染症に妊婦が感染した時の対処法について、ご説明していきます。

Sponsored Link

 

溶連菌の種類

溶連菌感染症というと一つのものに思えますが、実は溶連菌は5つの種類があります。

また、その中で子供を中心に大人にも流行しているのが、A群溶血性レンサ球菌です。

 

そして、多くの女性が常在菌として保菌しているのが、B群溶血性レンサ球菌です。

全ての溶連菌で感染症を起こす可能性がありますが、特に妊婦さんに気を付けてほしい、A群・B群について解説していきます。

 

A群溶連菌

症状

A群溶連菌の感染症にかかった場合、多くは喉の痛みと発熱が現れます。

この時点では風邪と症状が似ており判断するのが難しいですが、症状が進むと口内や体に発疹が表れてきます。

A群溶連菌は主に子供に多く感染が見られるので、すでにお子さんをお持ちの妊婦さんは特に注意が必要です。

 

治療

A群溶連菌の感染症にかかったら、病院で処方される抗生剤を服用します。

妊婦さんでも服用できる抗生剤があるので、妊娠だということを必ずお医者さんに伝えましょう。

家族間での感染率が高いので、治療中は2次感染の予防も意識的に行う必要があります。

 

感染と胎児への影響

喉の痛み、発熱、発疹で治まるようなケースでは、赤ちゃんに影響のない抗生剤で治療ができます。

しかし、同じA群溶連菌の感染でも「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」にかかった場合、母子ともに命の危険を伴います。

 

妊娠中は子宮に多くの血液が流れるため、菌が入った時に繁殖がより早く進んでしまうのです。

そのため、通常でも進行の早い劇症型でも、妊婦は特に早く重篤化します。

 

予防

手洗い、うがい、マスクの着用が基本ですが、免疫の落ちている妊婦さんは特に栄養と睡眠を十分に取りましょう。

Sponsored Link

幼稚園や保育園に通うお子様をお持ちの方は、お子様が園から菌を持ち帰ることも考えられるので、家族全員が触れる物の除菌はマメに行いましょう

 

また、劇症型の場合は傷口からA群溶連菌が入ることで感染します。

刃物の取り扱いや、傷のある手で汚れた物に触れないなど十分に注意しましょう。

 

B群溶連菌

B群溶連菌は、主に女性の肛門や膣に常在している細菌です。

妊娠中の検査で陽性が出る割合は20%~30%と高く、多くの女性が保菌しています。

 

ちなみに筆者も、この検査で陽性反応が出ました。

妊婦中35週~37週の間に、膣内にこのB群溶連菌がいないか検査を行います。

 

治療

B群溶連菌の保菌が分かった場合、赤ちゃんへの感染を予防するため分娩時に抗生剤の点滴を行います。

また、事前に抗生剤を1週間~10日膣内に投与したり、内服して除菌を行うこともあります。

それぞれの薬は、もちろん胎児に影響のないものなのでご安心くださいね。

 

感染と胎児への影響

B群溶連菌を保菌していても、妊娠初期では胎児は羊水に守られているため感染はありません。

しかし羊膜へ感染すると、切迫早産や前期破水の原因となる場合があります。

 

また、分娩時胎児が産道を通る際に感染する可能性があり、感染した場合は肺炎や敗血症、髄膜炎などの原因となります。

この分娩時の感染を防ぐため、妊娠後期の検査は行われているのです。

 

予防

B群溶連菌は常在菌のため、症状がなければ特に問題はありません

予防できることがあるとすれば、日常生活の見直しです。

  • 偏った食生活や睡眠不足を改め規則正しい生活を送る
  • 通気性の良い下着を付ける
  • 肛門周辺を触った手で外陰部を触らない

など、できることから始めていきましょう。

 

まとめ

異なる2種類の溶連菌はそれぞれ、赤ちゃんに重い影響を及ぼすものであることが分かりましたね。

妊婦さんは感染しやすいリスクがあるため、予防と発症時のいち早い対処が望まれます。

「おかしいな」と思った時は迷わず主治医に相談をしてくださいね。

 

また、その他「溶連菌感染症」の様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→溶連菌感染症の様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ