指にトゲが刺さった場合の対処法6選

「指にトゲが刺さってしまっていて、慌てて抜こうとしたら、トゲの出ている部分が短すぎてなかなか抜けなかった・・・」  誰でもこんな経験をしたことがありますよね。  そこで今回は、指にトゲが刺さった場合の対処法6選について解説していきます。

「指にトゲが刺さってしまっていて、慌てて抜こうとしたら、トゲの出ている部分が短すぎてなかなか抜けなかった・・・」

誰でもこんな経験をしたことがありますよね。

そこで今回は、指にトゲが刺さった場合の対処法6選について解説していきます。

Sponsored Link

 

刺さったトゲは放置しない

人間には「自然治癒力」といって、自然にケガや傷を治したり、異物を排出する力があります。

しかし、指に刺さってしまったトゲを放置してしまうと、さらに深く刺さってしまったり、炎症を起こし化膿してしまい、さらに症状が悪化してしまう可能性も出てきます。

なので指に刺さったトゲは放置せず、早めに対処していきましょう。

 

指にトゲが刺さった場合の対処法

爪ではなく「とげ抜き」を使う

指にトゲが刺さってしまうと、慌てて爪で抜こうとしてしまいがちです。

しかし慌てて爪で抜こうとすると、トゲが途中でちぎれて、トゲが指の中に残った状態で取れなくなってしまったり、手やトゲについた細菌により炎症を起こし、腫れてしまうようなことになりかねません。

なので、指にトゲが刺さっていることに気づいても慌てず、「とげ抜き」などのピンセットを使い対処するようにしましょう。

 

5円玉や50円玉を使う

指にトゲが刺さった場合、5円玉や50円玉などの穴が開いた硬貨を用意しましょう。

そして、硬化の穴の部分をトゲが刺さっている部分に当て、皮膚を盛り上がらせて、トゲを抜きやすくします。

Sponsored Link

抜きやすくなったトゲは、刺さった時と同じ方向に、とげ抜きなどのピンセットを使い抜くようにしましょう。

 

はちみつを塗る

また抜きにくい指のトゲには、はちみつも効果的です。

具体的には、トゲが刺さった指の部分にはちみつを塗り、10分ほど放置すると、刺さったトゲを浮かび上がらせて、抜きやすくする効果が期待できます。

 

ちなみにはちみつには、

  • 抗菌作用
  • 皮膚の組織の再生を促す効果
  • 傷ついた組織を修復しようとする効果

などがあり、細菌の増殖を予防したり、患部の治りを早める効果があります。

ちなみに1歳未満のお子様は、はちみつに含まれているボツリヌス菌に対する抵抗力がないので、うっかりなめてしまうようなことのないように注意してください。

 

梅干しを塗る

指にトゲが刺さってなかなか抜けない場合、刺さったところに梅干しを塗ってみるという方法もあります。

梅干しには多くの塩分が含まれているため、トゲが刺さった部分に塗ると、皮膚の水分を排出させる効果があります。

 

その水分と一緒にトゲを浮き上がらせるので、トゲを抜きやすくすることができますよ。

具体的な方法は、梅干しをトゲが刺さった部分に塗り、傷テープを貼って約5時間ほど放置し、抜きやすくなったらとげ抜きなどで抜いてみてください。

 

ニラやネギの汁を塗る

他の対処法に比べると少し手間がかかりますが、ニラやネギの汁を使ってみるのも効果的です。

ニラやネギは匂いが気になりますが、薬草としての効果が高く、古くからよく使用されています。

 

そしてニラやネギの汁には、トゲを浮かび上がらせる効果が期待できます。

具体的な方法としては、ニラやネギをよく洗って揉み、汁を出し、その汁をトゲが刺さっている指の部分に塗り、しばらく放置してください。

 

皮膚科か外科を受診

そして指に刺さったトゲをどうしても自分で抜けない場合は、早めに皮膚科か外科を受診し、取り除いてもらうようにしましょう。

場合によっては、切開して取り出さなければならないこともあります。

 

まとめ

指に刺さったトゲに関しては色々な対処法がありますが、自分で対処する場合は、くれぐれも無理はしないようにしてください。

できれば病院で対処してもらうのが確実ですよ。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ