ユスリカの対策7選

ユスリカの対策7選

刺されたり直接的な害はないとしても、ユスリカが大量発生している様子を見ると、良い気持ちはしませんよね・・・。

そこで今回は、ユスリカの対策7選について、ご紹介していきます。

Sponsored Link

 

ユスリカは不快害虫

ユスリカは、見た目が蚊にそっくりなので、飛んでいると蚊と勘違いする人が多くいるでしょう。

ユスリカはその見た目とは裏腹に、蚊のように人を刺してかゆい思いをさせることはしませんが、室内に侵入すれば目障りですし、洗濯物などを汚す場合もありますので、不快害虫となります。

 

また、ユスリカの死骸がアレルギーを引き起こす場合もありますので、注意が必要ですよ。

では次に、そんな不快害虫であるユスリカの対策を7ご紹介していきます!

 

ユスリカの対策

部屋への隙間をなくす

ユスリカは小さいため、少しの隙間でも屋内に侵入してしまいます。

そこで隙間がある場所は、他の害虫の侵入を防ぐためにもしっかりと塞ぎましょう

 

窓やドアは開放したままにせず、網戸は必須です。

網戸はメッシュの細かいものにすればするほど、侵入を防ぐことができますよ。

 

吊るすタイプの虫除け薬を使う

隙間をいくらなくしても、ベランダなどの窓やドアの開閉時は、どうしてもユスリカが部屋の中に入りやすくなってしまいます。

そんな時便利なのが、バポナ 虫よけネットWのような、吊るすタイプの簡単虫除け薬です。

 

薬剤がネットに染み込んでいるので、屋外の窓付近に吊るすだけ。

照明に釣られて部屋の中に侵入しようとするユスリカを寄せ付けません。

 

紫外線を出さない

ユスリカは、照明から出る紫外線に引き寄せられてきます。

なので、外灯にユスリカや他の虫が寄ってきて困っている人は、紫外線を出さない防虫ランプに変えてみてください。

 

防虫用蛍光灯や、紫外線をシャットアウトできるカバーを取り付けでも効果的です。

 

窓用殺虫剤を使用する

ユスリカは窓に多く止まっていることが多く、明るい室内に寄ってくるユスリカを室内から見たとき、誰でも良い気はしませんよね。

そんな時効果的なのが、窓用殺虫剤です。

Sponsored Link

 

フマキラーPGガード虫コナーズ 窓ガラス・アミ戸用スプレーなどがあります。

ユスリカが集まりやすい窓にシュッとスプレーするだけなので、簡単で効果的な対策と言えるでしょう。

 

発生しやすい環境を作らない

ユスリカの幼虫は水のあるところを好むため、水辺に多く発生します。

なので、家の中にユスリカを侵入させたくないのであれば、まず発生を防ぐことです。

 

具体的には、バケツに水がはってあったり、使っていない容器に水が溜まったまま長時間放置していると、ユスリカの発生源になりますので、気になる人は家の周りをチェックしてみてくださいね。

 

発生源にデミリン発泡錠を撒く

ユスリカの幼虫の発生を防ぐといっても、家の周りに排水溝や側溝などの水辺があると、そうは簡単にいきませんよね。

そこでデミリン発泡錠を、ユスリカの発生源である水辺にまくことで、幼虫を駆除してくれる薬です。

 

川など、水野流れが強い箇所では効果は薄いのですが、汚水枡、側溝、浄化槽などでは効果を発揮します。

ユスリカを幼虫の時点で駆除できれば、成虫になって屋内に侵入する心配もなくなりますので、助かりますよね。

 

殺虫器を使用する

屋外のイベント時、工事現場で大活躍なのが殺虫器ウルトラベーププロ

業務用だけあり、広範囲に効くベープなので、灯りによってくる夜間のユスリカ対策には大変効果を発揮します。

 

夜間に行われる工事現場や、屋外イベント時に大活躍間違い無しでしょう。

 

まとめ

直接的には害はありませんが、見た目が気持ち悪かったり、死骸がアレルギー原因となったりと、何かと厄介なユスリカ。

対策としては発生を防ぐ方法、成虫になったユスリカの侵入を防ぐ方法、駆除する方法などがあります。

 

今回ご紹介したユスリカ対策、ぜひ参考にしてみてくださいね!

また、ユスリカと蚊の違いや発生時期については、下記記事を参考にしてみてください。

→ ユスリカ、蚊との違いや発生時期

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ