花粉症を治すには?7つの方法

花粉症を治すには?8つの方法

春になると花粉症シーズンがやってきます。

花粉症の症状がつらい人には、憂鬱な季節ですよね。

そこで今回は、花粉症を治すための7つの方法について解説していきます。

Sponsored Link

 

花粉症を治す方法

食べ物を見直す

花粉症は、体内の免疫細胞が過剰反応することにより起こります。

なので花粉症を治すには、免疫力を高める体質改善が必要ですが、そのために、「ポリフェノール」「DHA」「乳酸菌」を多く含む食べ物を食べるとよいとされています。

特に「ポリフェノール」には強い抗酸化作用が期待でき、健康に害を与える活性化酸素を排除してくれます。

具体的な食品としては、ぶどうやプルーンなどがポリフェノールを多く含んでいますよ。

 

飲み物を見直す

甜茶や緑茶、またルイボスティーなどの飲み物にも、免疫力を高める効果があると言われています。

毎日飲み続けることで、花粉症が改善した人も少なくないようですので、地道にお茶を飲み続けてみるのも、花粉症を治したい人にはオススメです。

花粉症に効果のあるお茶に関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

 

ストレスを減らす

「会社を退職したことで、ストレスが少なくなり、花粉症が治った」という人がいます。

ストレス減少で血流がよくなり、体の状態が改善され、免疫力が高まることがあるようです。

ストレスが溜まっている人は、上手なリフレッシュ方法を見つけるのも、花粉症対策になるかもしれませんね。

 

舌下免疫療法

「舌下免疫療法」とは、アレルギーの原因物質を含むエキスを舌の下に投与し、体内に吸収させる方法です。

継続的に投与していくことで、花粉症のアレルギー反応を弱めていきます。

Sponsored Link


免疫力が出てくるまでの期間が必要なので、治療は最低2年、毎日1回継続する必要があり、根気が必要です。

副作用はあまりありませんが、まれにアナフィラキシーショックなどが起こるという報告がされています。

 

減感作療法

「減感作療法」とは、花粉症のアレルギー症状を起こす原因物質のエキスを長い時間かけて注射し、免疫力を高める方法です。

毎週注射が必要なため通院が必要なことと、期間が2~3年と長いために根気が必要ですが、有効率は60%以上と報告されており、期待が持てる治療法です。

ステロイド成分の注射よりも、体に負担がかからず、花粉症を治すことができます。

 

レーザー療法

花粉症で特に鼻水に悩まされている人には、レーザー療法というものもあります。

鼻の粘膜をレーザーで焼き固めることで、花粉の付着を防ぎます。

「焼く」と痛みなどを心配されるかもしれませんが、レーザーなので痛みや出血はなく、効果は1~3年続きます。

 

治療の所要時間は、両鼻合わせて20分ほどで終わります。

薬や点鼻薬ではどうにもならないという人が多く行っているようです。

花粉症のおすすめ点鼻薬に関しては、下記の記事で詳しくご説明しています。

 

外科手術

花粉症による鼻の症状をとにかくどうにかしたい場合、外科手術により鼻づまりを改善する方法もあります。

具体的には、手術におって鼻の粘膜を縮小したり鼻の通気をよくし、鼻水が垂れない処置をする神経遮断手術です。

1週間~10日間の入院が必要になりますし、麻酔なども使う本格的な手術なので、慎重に検討する必要があるでしょう。

 

まとめ

以上、花粉症を治すには?7つの方法について解説しました。

基本的には体質改善が一番安心ですが、あなたに合う方法を試してみてください。

また、その他花粉症対策に関する情報は、下記の記事にまとめています。

→花粉症対策に関する情報まとめ

Sponsored Link

【オススメの関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ