花粉症で眠気が出る原因2つと対処法5選

花粉症で眠気が出る場合の対処法7選

花粉症シーズンのピークは春先で、ただでさえ眠たくなる季節です。

さらに、花粉症の薬の副作用などの影響でさらに眠気が出てしまい、日常生活に支障をきたしてしまうのは困りますよね。

そこで今回は、花粉症で眠気が出る原因2つと対処法5選について解説していきます。

Sponsored Link

 

花粉症で眠気が出る原因

睡眠不足

花粉症で眠気が出る原因として、まず睡眠不足が挙げられます。

花粉症の様々な症状が出て、睡眠を妨げられることによって、睡眠不足につながってしまうことがあるのです。

また花粉症で鼻づまりになってしまうと、鼻から酸素を取り入れづらくなり、酸素不足となって、眠気が出ることにつながることがあります。

 

薬の副作用

花粉症で眠気が出る原因として、薬の副作用ということも考えられます。

花粉症の症状はとても辛いので、なんとか症状を和らげるために薬を飲むことは多いですよね。

薬は即効性があるものが多く、花粉症の症状がすぐに収まる反面、眠気などの副作用が出てしまうものも多いです。

 

花粉症で眠気が出る場合の対処法

睡眠をしっかり取る

花粉症で眠気が出てしまうのは、花粉症の症状によって睡眠不足となってしまうことが原因として挙げられます。

Sponsored Link


なので、特に寝る前には花粉症対策を万全にするなどして、睡眠をしっかり取るようにしてください。

 

鼻づまりを改善する

花粉症による鼻づまりがひどいと、鼻から酸素を取り入れづらくなることから、酸素不足となって、眠気が出てしまいます。

また鼻づまりによって、夜に呼吸が苦しなって起きてしまい、睡眠不足になることもあるでしょう。

なので、鼻づまりの症状を改善するようにしてください。

 

お酒は控える

お酒を飲むと、鼻の粘膜が腫れやすくなり、鼻づまりしやすくなってしまいます。

なので花粉症の場合は、なるべくお酒は控えるようにしてください。

 

たばこを吸わない

たばこも鼻の粘膜を刺激してしまい、鼻づまりしやすくなってしまいます。

なので花粉症の場合は、たばこも控えるようにしてください。

また他の人が吸っているたばこの副流煙も悪影響となりますので、注意してください。

 

眠気の副作用が少ない花粉症の薬を選ぶ

花粉症では、薬による副作用で眠気が襲ってくる場合も多いです。

しかし眠気が嫌だからといって、薬を飲まないというわけにもいかないでしょう。

そこで眠気が気になるようでしたら、眠気の副作用が少ない花粉症の薬を飲むようにしてください。

 

まとめ

以上、花粉症で眠気が出る原因2つと対処法5選について解説しました。

花粉症で眠気が出るのは、睡眠不足と薬の副作用が主な原因です。

今回ご紹介した対処法を参考に、花粉症の眠気対策を行ってみてくださいね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ