肉離れでむくみが出る原因と対処法7選

肉離れでむくみが出る原因と対処法7選

ふくらはぎなどが肉離れになると、その後にむくみが出ることがあります。

そこで今回は、肉離れでむくみが出る原因と対処法7選について解説していきます。

Sponsored Link

 

肉離れでむくみが出る原因

肉離れとは、体内部の筋肉が損傷し、内出血が起きている状態です。

肉離れの適切な処置によって内出血が治まった後の回復期には、患部の周りで組織回復の動きがありますが、普段の状態よりも循環が阻害されています。

そのため、細胞組織に水分が溜まってしまうことがよくあり、それがむくみの原因となってしまいます。

 

肉離れによるむくみの対処法

肉離れは痛みでを感じますが、むくみ自体は痛みを伴いません。

そこでまずは肉離れを治すために、安静にしておくことが大切です。

特に痛みがあるうちは安静にして、回復を待ちましょう。

そして、痛みが引いた後のむくみの対処法は次の通りです。

 

マッサージをする

肉離れの痛みがなく、むくみがあるだけの状態であれば、軽くマッサージをすることで血行を促進できます。

ただし注意していただきたいのは、むやみやたらにマッサージをすることは避けてください。

肉離れによるむくみは、自己流でマッサージをしてしまうと痛みが再発したり、むくみが解消しない場合もあります。

なので医師と相談し、正しい方法でマッサージを行うようにしてください。

 

食生活に気をつける

肉離れによるものだけには限りませんが、むくみに効果的な栄養素があります。

それは、体内の水分を適切に調節してくれるカリウムを多く含む、ナッツ類、海藻、イモ類です。

また、血液をサラサラにする効果があるポリフノールは、ブルーベリーや大豆、ショウガに多く含まれています。

そして同じく血液をサラサラにするビタミンB1は、かぼちゃごぼうに多く含まれています。

Sponsored Link


これらの食材を積極的に摂ることで、むくみを早く改善することが期待できます。

 

湯船に浸かって血行促進する

肉離れによるむくみ解消のために、血行をよくすることが大切です。

そこで入浴時は、なるべく温かい湯船に浸かり、患部を温めてください

入浴時に軽くマッサージするとさらに効果的です。

 

飲酒を控える

お酒を飲む方はご存知かもしれませんが、飲酒した翌日などに体がむくむことは多くあります。

アルコールは全身の血行を悪化させ、むくみが悪化する恐れがあるのです。

なので肉離れによるむくみがある場合は、なるべく飲酒は控えるようにしてください。

 

適度に体を動かす

肉離れ直後の運動は禁物ですが、肉離れの症状が完治した後にもむくみが残る場合は、適度な運動で血行を促進しましょう。

筋肉量が減ると、水分を押し戻す力が不足してしまい、血行不良になりがちです。

そして血行不良は、むくみの原因となります。

軽いストレッチを行うだけでも、体全体の血行がよくなって、むくみ改善に効果的ですよ。

 

質の良い睡眠を心がける

睡眠不足になると、疲労物質が体内に溜まり、むくみの原因となります。

特に肉離れなどのケガの後は、疲労物質が溜まりやすい状態ですので、睡眠不足にならないよう、質の良い睡眠を心がけてください。

そして体を温めてから寝るようにすると、むくみ対策にもなります。

 

塩分を摂りすぎない

塩分の摂り過ぎは、むくみを悪化させる原因となります。

なので肉離れでむくみが出ている場合も塩分の摂り過ぎには十分注意し、溜まった老廃物を効率的に排出できるよう、水を多めに飲むように心がけましょう。

トイレも我慢せず定期的に行ってください。

とにかく老廃物を体内に溜めないことが大切になります。

 

まとめ

以上、肉離れでむくみが出る原因と対処法7選について解説しました。

肉離れでむくみが出る場合、まずは病院を受診し、肉離れの症状改善に努めてください。

 

そして痛みが引いた後は、今回ご解説した対処法をぜひ参考にしてみてください。

ただし、無理してしまうと症状の悪化につながりますので、注意してくださいね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ