紫外線アレルギーの日焼け対策6選

紫外線アレルギーの日焼け止め対策6選

腕や顔などの肌に、湿疹やかゆみ、かぶれなどの症状が出てしまうのが、紫外線アレルギーです。

症状防止には、原因となる日焼け対策が大切になってきます。

そこで今回は、紫外線アレルギーの日焼け対策6選について解説していきます。

Sponsored Link

 

紫外線アレルギーを防ぐ日焼け対策

日焼け止めを塗る

紫外線アレルギー対策としては、日焼け止めは必須アイテムです。

次に、紫外線を強力にカットでき、肌にも優しいオススメの日焼け止めを紹介します。

 

POLA ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト

ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト」は、SPF50、PA++++というとても優れた日焼け止めです。

白浮き、ベタつきも少なく、紫外線を強力にカットしてくれます。

POLAということでお値段はやや高めですが、期待を裏切らない効果と言えるでしょう。

保湿成分も含まれているため、紫外線アレルギーでデリケートな肌の人にも安心して使える日焼け止めです。

 

ビオレ さらさらUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

こちらの「ビオレ さらさらUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス」は、SPFが50なのにもらかかわらず、サラサラしたつけ心地で、さらに値段もお手頃でリーズナブルです。

Sponsored Link


日焼け止めは毎日使うとすぐに無くなってしまうので、このお値段は嬉しい限りですね。

 

帽子をかぶる

紫外線アレルギーを防ぐ日焼け対策の帽子と言えば、ツバの大きめ帽子をかぶることは基本ですよね。

色は黒や紺、茶などの濃いものの方が、紫外線カットにより効果的とされています。

 

日傘をさす

近頃は男性でも、日焼け対策を意識して日傘をさす人がいるほどです。

なので紫外線アレルギーの人は、日傘もぜひ活用してみてください。

色は帽子同様、濃いものの方が効果的です。

 

UVカットの洋服を着る

最近は紫外線対策として、UVカット加工の洋服もかなり増えてきました。

そして紫外線の多い春・夏であっても、長袖の洋服を取り入れることで、より日焼け対策を行うことができます。

 

サングラスをかける

紫外線アレルギーは、目にも症状が表れる場合があります。

日に浴びて目が赤くなったり、痛みを感じる人は、紫外線アレルギーの可能性大です。

紫外線は、日差しの強い日に限らず、曇りの日も出ていますので、外出時はできるだけサングラスをするなどして、目の日焼け対策を行っていきましょう。

 

手袋をする

自転車や自動車の運転中は、想像以上に腕や手の甲に紫外線を浴びています。

そして、紫外線アレルギーの人は腕に湿疹が出ることが多いです。

なので日焼け対策として、長めの手袋をすることも検討してみてください。

 

まとめ

以上、紫外線アレルギーの日焼け対策6選について解説しました。

紫外線アレルギーの人は、なるべく紫外線の強い時間帯は外に出ないことが望ましいです。

 

止むを得ず外に出る場合は、できれば長袖・長ズボンを着用するなど、なるべく露出を少なるすることが理想です。

肌が出てしまう部分は日焼け止めを塗り、紫外線から身を守るようにしてください。

そして、紫外線アレルギーに効く薬については、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ