紫外線アレルギーの症状(顔など)

紫外線アレルギーの症状(顔など)について解説!

紫外線アレルギーとは、紫外線に浴びることで肌にトラブルが出るアレルギーで、近年悩まされている人もどんどん増えています。

そこで今回は、紫外線アレルギーの症状について解説していきます。

Sponsored Link

 

紫外線アレルギーとは?

紫外線アレルギーとは、日に当たること(主に紫外線)で、体にアレルギー反応が起こることを言います。

紫外線アレルギーの具体的な症状は、

  • 肌の湿疹
  • かゆみ
  • 腫れ

 

そしてひどくなると、

  • 水ぶくれ
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 発熱

などの症状も出てきてしまうアレルギーです。

紫外線が原因で、頭痛や吐き気まで起きてしまうなんて、辛いですよね。

 

紫外線アレルギーの顔の症状

紫外線アレルギーは、手や腕に出やすいですが、顔の症状に悩まされる人も多くいます。

顔の症状としては、

  • 赤み
  • 湿疹
  • 化粧水がしみる
  • 目の充血や痛み

などのトラブルが挙げられます。

 

紫外線アレルギーの原因

紫外線アレルギーの原因は、「内因性」と「外因性」のものに分かれます。

 

紫外線アレルギーの内因性の原因

紫外線を浴び続けた場合、自分の紫外線に対する抗体量を超えた段階で、アレルギー症状が出てきます

花粉症アレルギーの場合と似ていますが、この抗体量は人それぞれ異なるので、少しの紫外線を浴びただけでも発症する人もいます。

いつ、自分が紫外線アレルギーになるのかは分からないので、日頃から紫外線対策が重要になっています。

 

紫外線アレルギーの外因性の原因

服用した薬や日焼け止めなどの成分が原因となって、紫外線アレルギーを発症する場合があります。

化粧品が紫外線に反応してしまったり、日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤が肌に合わないなどの原因も考えられます。

Sponsored Link


紫外線アレルギーの原因にはこういったものがあり、多くの人は「去年まで大丈夫だったのに、昨日から急に肌がかゆくなった」など、急に症状が出てしまうことがあります。

そしてアレルギー紫外線アレルギー、一度なってしまうとなかなか症状が治らないことが多いので、予防がとても大切になります。

 

紫外線アレルギーの検査

紫外線アレルギーかどうか検査する方法として、「光線過敏症テスト」というテストがあります。

紫外線などの光線を浴び、アレルギー反応が出るかどうか検査をする方法で、皮膚科で受けることができます。

 

紫外線アレルギーの対処法

紫外線アレルギーの対処法ですが、今現在、紫外線アレルギーを根本的に治す薬は存在しませんので、症状をやわらげる薬を服用したり、塗り薬で炎症を抑える方法が中心となります。

 

紫外線アレルギー対策は「とにかく日を浴びない」

そして、紫外線アレルギー対策で一番大切なのは、「とにかく日を浴びない」ということことです。

アレルギーの原因となる紫外線を浴びなければ、症状は起きません。

なので外出しなければならない時は、帽子やサングラス、そして日焼け止めなどを使い、しっかり対策を行いましょう。

 

体質改善も大切

また、紫外線アレルギーに負けない体作りも大切です。

具体的には食生活を見直しミネラルやビタミンを多く摂るよう意識をして、規則正しい生活を心がけましょう。

睡眠不足はアレルギー症状を悪化させる、大きな原因となりますので注意してください。

また寝る前にはゆっくりお風呂に入り、血行をよくすることも大切です。

 

まとめ

以上、紫外線アレルギーの症状について解説しました。

今回の記事を参考に、紫外線アレルギーの症状を理解し、対策を行ってみてください。

また、その他「紫外線」の様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめています。

→紫外線の様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ