湿疹が増える原因と対処法5選

湿疹が増える原因と対処法5選

体の一部に湿疹ができると、かゆみが伴うこともあり、気になりますよね・・・。

そこで今回は、湿疹が増える原因と対処法5選について解説していきます。

Sponsored Link

 

湿疹が増える原因

ダニ

ダニに刺されると、普通の虫刺されと違い、ひどい症状が出てしまうことがあります。

具体的には、ダニに刺されると赤く腫れた湿疹が出てきて、非常に強いかゆみを生じ、1週間ほどかゆみが続きます。

 

そして、ダニによる湿疹は増えることがあります。

その理由は、家の中の布団などにダニが生息している場合、ダニは1匹とは限りません。

そのためたくさん刺されてしまい、日に日に湿疹が増えるためです。

また、ダニによるアレルギー反応により、湿疹がひどくなり増えることもあります。

 

対処法

ダニによる湿疹が増えている場合には、ダニを駆除することが大事です。

ダニが生息してそうな布団を干したり、畳なども一度念入りに掃除をしましょう。

また、湿疹はかきむしらないようにして、虫刺され用の薬用クリームなどを使用しましょう。

 

蕁麻疹

蕁麻疹の特徴として、「湿疹が出たり・消えたりを繰り返す」ということがあります。

また、特定の部位だけではなく全身に湿疹が出ることがあり、原因が特定できない場合も多いです。

蕁麻疹の症状が出るきっかけとして考えられるのは、体の疲労や精神的なストレスと言われています。

また寒暖差によるものや、機械的な刺激によるものも原因の一つと考えられています。

 

対処法

蕁麻疹の場合、原因が特定しにくいことが多いため、治療が難しいことがあります。

ストレスや疲れからくる蕁麻疹も多いため、まずはゆっくりと休養しましょう

Sponsored Link


またアレルギー性の蕁麻疹の場合には、食べ物などのアレルゲンに接触してすぐに蕁麻疹が広がるのが特徴ですので、そのような場合には、原因を特定するために皮膚科を受診するのが良いでしょう。

 

帯状疱疹

帯状疱疹による湿疹は、特に胸部や腹部、また顔にできやすいです。

水ぼうそうのウイルスと同じ帯状疱疹ウイルスによる病気で、片側にのみ症状が出ます。

痛みが伴い、湿疹が帯状に増えていくのが特徴です。

重症化すると40度以上の高熱が出たり、顔の場合には痛みが強く食事が食べれなかったりします。

 

対処法

帯状疱疹の治療は、専用の飲み薬や塗り薬がありますので、必ず医療機関を受診しましょう。

我慢したり放置すると、より症状がひどくなる危険性がある病気ですので、自己判断はしないようにしてください。

 

とびひ

とびひは、細菌が皮膚に感染することによって発症し、皮膚に水泡状の湿疹ができます。

その水泡を掻きむしってしまい、さらにその手で違う部位を触ってしまうと、その部位が感染してしまうため、湿疹が増えていきます。

 

対処法

とびひは、アレルギーなどによる皮膚炎とは違い、細菌の感染が原因で起こります。

そのため、細菌を駆除する治療が必要です。

具体的には、軟膏などの塗り薬と抗菌剤の内服が主な治療となります。

そして、とびひは人にうつすこともあるため、早めに治療を行うのが良いでしょう。

 

その他の原因と対処法

皮膚科的な疾患が何もなく、ストレスや疲れなどによる蕁麻疹でもないのに、湿疹が増えてくる場合、内臓の病気による湿疹の可能性もあります

例えば、肝臓や腎臓の機能が悪化している場合にも、かゆみを伴う湿疹が出来ることがあります。

なので、湿疹のほかにも体調がすぐれないなどの症状がある場合は、すぐに医療機関を受診するようにしてください。

 

まとめ

以上、湿疹が増える原因と対処法5選について解説しました。

ダニや蕁麻疹、帯状疱疹やとびひなどが原因で湿疹が増えることが多いです。

対処法としては、それぞれの病気に合わせた治療やアレルギー物質の除去が必要です。

また、皮膚科的な疾患以外でも湿疹が増えることもありますので、他にも症状がある時は医療機関を受診しましょう。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ